コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磐田原 いわたはら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磐田原
いわたはら

磐田原台地ともいう。静岡県南西部,天竜川東方の洪積台地。対岸の三方原台地と同じように天竜川の古い扇状地の隆起したもの。東西約 4km,南北 13kmで,磐田原礫層と赤土層から成る。地下水面が深く,開拓は遅れた。現在は東名高速道路が通り,磐田原パーキングエリアが設置されている。台地南端には多くの大小古墳群が散在するほか,遠江国国府の所在地,東海道の宿駅の見付があり,その付近の中泉遠江国分寺跡 (特別史跡) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

磐田原【いわたはら】

静岡県南西部,天竜川東岸の洪積台地。標高5〜120mで南方に低下。砂礫(されき)層からなり,地下水面が深いため開発が遅れた。磐田用水を利用し,茶,サツマイモ,ジャガイモ,タバコが栽培される。
→関連項目磐田[市]静岡[県]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いわたはら【磐田原】

いわたがはら,いわたばらともよみ,磐田原台地ともいう。静岡県西部,磐田市北部の台地。天竜川と太田川にはさまれる洪積台地で,東海地方に典型的な隆起扇状地である。北部の磐田郡豊岡村神増(かんぞ)原(標高130m)から南に傾斜し,磐田市街地南部で今之浦や大池低湿地の下にもぐる。天竜川西岸の三方(みかた)原とほぼ同時代に形成されたひとつづきの台地であったが,天竜川によって切断されたと考えられる。表面こう配は西岸の三方原に比べて急であり,表面の浸食も西岸に比べて進んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕磐田原(いわたはら)


静岡県南西部、天竜(てんりゅう)川下流東岸に広がる洪積台地。南端に磐田市の市街地がある。「いわたばら」ともよび、磐田原台地ともいう。天竜川の古い扇状地が隆起した台地で、砂礫(されき)層におおわれる。東は太田(おおた)川低地に急傾斜する。1933年(昭和8)に完工した磐田用水により、稲作や茶・ミカン栽培が盛ん。東部では工場立地も進展した。銚子塚(ちょうしづか)古墳などの古墳が点在。

〔静岡県〕磐田原(いわたばら)


磐田原(いわたはら)

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の磐田原の言及

【磐田原】より

…いわたがはら,いわたばらともよみ,磐田原台地ともいう。静岡県西部,磐田市北部の台地。…

【扇状地】より

…また,山地から多数の河川が出てくるときには,隣り合う扇状地が相接して連なり,合流扇状地とよばれる一連の扇状地群をつくる。日本では合流扇状地や開析扇状地の例は多く,関東平野の武蔵野台地や東海地方の三方原,磐田原なども古い扇状地が開析されて台地化した開析扇状地である。
[扇状地の性質と利用]
 扇状地は砂礫によって構成されているため,河川水は地下に浸透して伏流水となり,扇状地を流れる河川の多くは水無川となっている。…

※「磐田原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

磐田原の関連キーワード銚子塚古墳〈静岡県〉天竜浜名湖鉄道(株)静岡県周智郡森町豊岡(静岡県)新豊院山墳墓群見付(静岡県)新豊院山古墳群御厨古墳群磐田(市)松林山古墳磐田[市]静岡(県)三方ヶ原銚子塚稲作低地

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android