コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三池平古墳 みいけだいらこふん

3件 の用語解説(三池平古墳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三池平古墳
みいけだいらこふん

静岡県静岡市清水にある前方後円墳。全長約 70m。 1958年に発掘された。後円部に長さ 2.8m,幅 90cmの竪穴式石室があり,その中に割竹形石棺が納められていた。副葬品は鏡,玉,車輪石,筒形銅器,刀剣,刀子,鎌,鍬,やりがんななどが出土した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みいけだいらこふん【三池平古墳】

JR清水駅から北へ3.5km,静岡県清水市庵原町にある全長約65mの前方後円墳清水平野見下ろす標高55mの丘陵先端部を利用して築かれているが,墳丘はミカン栽培のため大きく形が崩れている。1958年の発掘調査によって以下のことが明らかになった。北西~南東の主軸と直交して,後円部に内法全長2.8mの竪穴式石室を板石の小口積みで築き,長さ2.4m,幅約0.8mの刳抜式割竹形石棺を納める。棺内には朱に埋まって成人男性骨と玉類や石製腕輪など装飾品が遺存し,棺外北側には銅鏡,筒形銅器,石製品,棺蓋側辺に大刀と剣,棺外南には大刀,剣,鉄鏃,鎌,鍬,斧など武器と農工具類が,それぞれ副葬されていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三池平古墳
みいけだいらこふん

静岡市清水(しみず)区庵原町(いはらちょう)・原字三池にある前期形式の前方後円墳。平野を望む標高55メートルの丘陵上突端に立地し、果樹園のために墳丘の形態はかなり変化している。全長65メートル、外部施設として葺石(ふきいし)、壺形埴輪(つぼがたはにわ)が存在する。1958年(昭和33)に明治大学・静岡大学共同で発掘調査が行われた。内部構造は、後円部に主軸と直交した全長2.4メートルの割竹(わりだけ)形石棺と、石棺を被覆する板石小口(こぐち)積みの長さ5メートルの竪穴(たてあな)式石室であった。石棺内面には水銀朱が塗られ、棺身底面に成人男性の遺骸(いがい)1体と、勾玉(まがたま)、管玉(くだたま)、小玉と車輪石、石釧(いしくしろ)各1個が存在した。石室と石棺との南北の2空間には、方格四神鏡(ほうかくししんきょう)を含む鏡2、筒形銅器2、帆立貝(ほたてがい)形石製品4、紡錘(ぼうすい)車形石製品と鉄製農工具25、鉄刀剣19、鉄鏃(てつぞく)約100が副葬されていた。また石棺蓋の上面に鉄刀剣7が置いてあった。静岡県東部の庵原地方の代表的前期古墳で4世紀後半代の築造。[大塚初重]
『内藤晃・大塚初重著『三池平古墳』(1961・庵原村教育委員会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone