コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三浦命助 みうらめいすけ

5件 の用語解説(三浦命助の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

三浦命助【みうらめいすけ】

幕末の百姓一揆(いっき)の指導者。陸奥(むつ)国盛岡藩領上閉伊(かみへい)郡栗林村の肝煎(きもいり)筋の分家に生まれ,20歳のころから三閉伊(さんへい)通とよばれる盛岡藩領太平洋岸沿いの農漁村を回って荷駄商いを行っていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三浦命助 みうら-めいすけ

1820-1864 幕末の一揆(いっき)指導者。
文政3年生まれ。陸奥(むつ)閉伊(へい)郡(岩手県)栗林村の人。嘉永(かえい)6年(1853)盛岡藩領の三閉伊一揆を指導。要求はほぼみとめられたが,藩ににくまれて他領へ出奔。安政4年(1857)捕らえられ,元治(げんじ)元年3月10日獄死。45歳。妻子に生計の道などを説いた「獄中記」をのこす。
【格言など】人間と田畑をくらぶれば,人間は三千年に一度さくうどん花(げ)なり(「獄中記」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

三浦命助

没年:元治1.2.10(1864.3.17)
生年:文政3(1820)
嘉永6(1853)年の盛岡藩百姓一揆の指導者。陸奥国上閉伊郡(岩手県)栗林村百姓,屋号東の分家(本家と同居)の長男に生まれた。父は定助(六右衛門とも称す)。10歳前後に遠野町で四書,五経を習う。17歳ごろから秋田藩領院内銀山出稼ぎをし,19歳で帰村,1歳年上のまさと結婚し,領内で穀物や海産物などの荷駄商いを始めた。体格頑丈のため藩主の駕籠担ぎを命じられそうになったが肥りすぎで免れる。33歳ごろまでに3男2女の親となり,本家当主の死で東の家の事実上の当主になる。嘉永6年栗林村集会に参加,北方の野田通から押しだした百姓一揆(通称三閉伊一揆)の頭人のひとりとして働いた。一揆成功のため田野畑村太助らに協力し,11月帰村,村の老名役になる。一揆成就の謝礼に仙台領塩竈神社へ代参し額を奉納,また他の頭人と遠野へ行き,一揆に力添えしてくれた盛岡藩重臣遠野弥六郎に謝辞を述べる。 帰村後村役人交替をめぐる村方騒動にまきこまれ,藩に拘留されたが脱走し,出家姿で仙台領へ出奔,義乗と名乗る。仙台領で僧名明英となり,当山派修験寺東寿院で修験として村に住んだ。本山の免許を得るため京都へ向かい,五摂家二条家の家来格になる。安政4(1857)年,大小を帯し家来を連れ二条殿御用の絵符を立て盛岡藩領に入ろうとし,捕らえられて盛岡で入牢。牢内から経文や妻や子供への意見を書きつらねた帳面を4冊仕上げて家族に送る。元治1(1864)年牢死。命助の帳面は『獄中記』と総称されているが,そのなかで多様な作物や加工品をつくって家族で売り広めることや,子供たちが手に技術をつけ貨幣取得を心掛けることなどを勧めている。また自分が殺された場合は江戸へ出て豆腐屋を営むことを勧めたが,しだいに藩主批判が強まるにつれ,蝦夷地の松前に移住して公儀の百姓になることを勧めた。命助を主人公にした『南部義民伝』がのち著された。<参考文献>森嘉兵衛『南部藩百姓一揆の指導者三浦命助伝』,深谷克己『南部百姓命助の生涯』

(深谷克己)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みうらめいすけ【三浦命助】

1820‐64(文政3‐元治1)
江戸末期の百姓一揆の指導者。奥州盛岡藩領上閉伊郡栗林村の肝煎筋の分家長男として生まれる。子供のころ遠野町に出て四書五経を習い,17歳から秋田藩院内銀山へ稼ぎに出る。父の死により19歳で帰村,まさと結婚,長男定助以下,男児3人,女児3人を得る。20歳のときから太平洋岸沿いの三閉伊通(さんへいどおり)と呼ばれる農漁村を回って,農産物や海産物の荷駄商いをおこなう。1853年(嘉永6)1万余の百姓が藩政を批判,藩主の交替まで求めて隣領へ逃散し仙台藩主へ越訴(おつそ)した三閉伊一揆に加わり,指導者の一人として活躍。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三浦命助
みうらめいすけ
(1820―1864)

南部藩の「嘉永三閉伊(かえいさんへい)通り一揆(いっき)」(1853)の指導者。陸奥(むつ)国閉伊郡栗林村(岩手県釜石(かまいし)市)の肝煎(きもいり)の分家にあたる農民で米穀商もした。重税・新税の撤廃を実現するため、三閉伊通り諸村の農民が蜂起(ほうき)して仙台藩領に越境し、仙台藩からの圧力で南部藩側に要求を飲ませるという戦法をとった。命助は仙台藩領に越訴(おっそ)してから農民代表となって交渉し頭角を現した。農民の勝利に終わったのち、藩側からにらまれ弾圧された。そのため1854年(安政1)村を脱出し、各地を回って帰国したが、公金横領の名目で投獄された。7年間獄中にあって牢死(ろうし)した。妻子にあてた「獄中記」(『日本思想大系』所収)を書くほどの教養があった。[横山十四男]
『森嘉兵衛著『三浦命助伝』(1962・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三浦命助の言及

【三閉伊一揆】より

…これに抵抗して農漁民1万数千人は47年冬,弥五兵衛を惣頭人として藩重臣の南部弥六郎の城下遠野へ強訴し,要求を認めさせたが藩によって裏切られ,牢死,流刑者もでた。6年後の夏,1万余人の農漁民が太助,命助(三浦命助)らを指導者として再び一揆を起こし,仙台藩領へ逃散して非政を訴えた。以後約半年間,盛岡・仙台両藩と百姓惣代との間に交渉がおこなわれた結果,藩主交替の主張は認められなかったが,新税,流通統制や役人数に関するほとんどの要求が通り,指導者を処罰しないことも約束された。…

※「三浦命助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三浦命助の関連キーワード百姓一揆竹槍蓆旗佐々木俊作永田隆三郎楢山佐渡畠山太助東政図平沢清人深谷克己堀江六之丞

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone