コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三菱商事[株] みつびししょうじ

2件 の用語解説(三菱商事[株]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

三菱商事[株]【みつびししょうじ】

三菱系の大手総合商社三菱グループの中核企業でもある。1918年三菱合資営業部が独立。三菱系商品の取扱いを中心に三井物産と併称される地位を占めた。第2次大戦後数十社に解体されたが,早期に再建を進め1954年同系会社の再統合を終わり総合商社の雄となる。
→関連項目総合商社千代田化工建設[株]三井物産[株]三菱石油[株]菱食[株]ローソン[株]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みつびししょうじ【三菱商事[株]】

日本を代表する最大の旧財閥系総合商社。三菱系企業集団の中核企業として金曜会をリードする。淵源は1881年郵便汽船三菱会社が長崎で石炭販売に進出したときに始まる。この三菱会社は,政商岩崎弥太郎の創始によるもので,事業の中心を海運から炭鉱経営へ移したのち,93年三菱合資会社となって三菱財閥の中核会社へと発展した。一方,三菱合資の商事部門は,96年売炭部として生産部門から独立し,99年営業部と改名され社外炭の扱いも始めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone