コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三隣亡 さんりんぼう

5件 の用語解説(三隣亡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三隣亡
さんりんぼう

暦の上での忌みの日の一つ。この日に建築すれば火難を受け,隣3軒を滅ぼすとされて忌まれる。1,4,7,10月は亥 (い) の日,2,5,8,11月は寅 (とら) の日,3,6,9,12月は午 (うま) の日がこれにあたる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

三隣亡【さんりんぼう】

暦注の一つ。三輪宝とも書く。1・4・7・10月は亥(い)の日,2・5・8・11月は寅(とら)の日,3・6・9・12月は午(うま)の日。特に建築を忌み,犯せば三隣を亡(ほろ)ぼすという。
→関連項目厄日

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

さんりんぼう【三隣亡】

暦注の一。その日に建築すれば、近隣三軒まで災いが及ぶとされる日。1・4・7・10月は亥の日、2・5・8・11月は寅とらの日、3・6・9・12月は午うまの日がそれにあたる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三隣亡
さんりんぼう

九星(きゅうせい)に関する俗信。1・4・7・10月の亥(い)の日、2・5・8・11月の寅(とら)の日、3・6・9・12月の午(うま)の日とする。もともと陰陽道(おんみょうどう)に基づくものであるが、日本に入ってから文字を独自に曲解し、この日に建築(とくに棟上げ)することを忌む風が広くあり、火事になるなどという。近世に陰陽師(おんみょうじ)などといわれる人々が広めた俗信で、いまも気にする人があるが、もちろん、なんの根拠もない。[井之口章次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone