コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上日寺 ジョウニチジ

2件 の用語解説(上日寺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じょうにち‐じ〔ジヤウニチ‐〕【上日寺】

富山県氷見市にある高野山真言宗の寺。山号は朝日山。開創は天武10年(681)と伝える。上日寺観音とよばれる本尊の千手観音は太田浜に漂着したもので、戦国時代から前田利長らの帰依を受け、祈雨の修法で信仰を集めた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上日寺
じょうにちじ

富山県氷見(ひみ)市朝日本町にある高野山真言(こうやさんしんごん)宗の寺。山号は朝日山。本尊は閻浮檀金(えんぶだんごん)1寸8分(約5.5センチメートル)の千手観世音菩薩(せんじゅかんぜおんぼさつ)。創建は681年(天武天皇10)、開基は法道上人(しょうにん)と伝える。かつては七堂伽藍(しちどうがらん)が完備し、18坊を有した大寺であったが、数度の火災により、現在は江戸時代の本坊(銀杏精舎(いちょうしょうじゃ))、観音(かんのん)堂など数宇を残すのみである。毎年4月17、18日の観音縁日に行われる祭礼(ごんごん祭り)は、1664年(寛文4)の大干魃(かんばつ)のとき雨乞(あまご)いをして待望の慈雨を得たので、感謝のために始められた祭りといわれ、現在も盛大に行われ、参詣(さんけい)者は鐘を打ち鳴らして厄除(よ)け・諸願成就(じょうじゅ)を祈る。境内の大イチョウは樹齢1300年、周囲12メートルの大樹で、乳授けの霊木といわれ国の天然記念物。[野村全宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上日寺の関連キーワード浄土寺羽賀寺野中寺霊山寺太竜寺那谷寺弘明寺薬王寺八栗寺矢田寺

上日寺の関連情報