コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下妻[市] しもつま

百科事典マイペディアの解説

下妻[市]【しもつま】

茨城県西部の市。1954年市制。鬼怒川小貝川の間の台地にある。中心市街は明治中期まで鬼怒川水運の要地として栄えた。米,野菜,ナシの産が多く,近年は農産加工などの工場も進出し,つくば下妻工業団地の開発も進められている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しもつま【下妻[市]】

茨城県西部の市。1954年市制。人口3万6115(1995)。鬼怒川東岸に位置し,西部には台地が広がる。東部の小貝川水系の沖積低地は,《万葉集》に〈鳥羽の淡海(おうみ)〉と詠まれた湖の跡で,稲作地域である。市域南部の台地に位置する中心市街は明治以来,県の行政機関が設置されて県西部の行政中心となり,自由民権運動の拠点ともなった。明治中期,県政の争点となった鉄道誘致に当たり,土浦~下妻~古河の路線計画が不成功に終わり,以後,鬼怒川水運の衰退も加わって県西部の経済中心は下館へ移行した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

下妻[市]の関連キーワード佐原健二プリンスセダン AISH-2型小島信夫自衛隊いわき(市)自衛隊次郎長三国志山の音アルジェリア戦争道路整備計画