コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大宝城 だいほうじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大宝城
だいほうじょう

茨城県下妻市の旧大宝沼のほとりにあった山城。南北朝時代,大宝沼を挟んで建つ関城とともに,南朝方の拠点であった。城主下妻政泰は関城主関宗祐とともに,南朝の勢力を回復するために東下した北畠親房らを助けて力を尽くした。興国2=暦応4 (1341) 年以来,高師冬ら北朝方に攻められ,2年後の冬,政泰らが討ち死にして落城。廃城年は不詳。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

大宝城【だいほうじょう】

茨城県下妻市大宝にあった平安末期から南北朝期にかけての城。平安末期には下妻氏,鎌倉初期には小山氏が居城したと伝え,南北朝期には小山氏庶流の下妻氏が在城。1341年興良親王を奉じた春日顕国が城主下妻政泰に迎えられて入城,南朝方の拠点となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいほうじょう【大宝城】

茨城県下妻市大宝にあった城。平安末期には常陸大掾(だいじよう)氏の一族の下妻氏,同氏没落の後は下野の豪族小山氏の庶流の下妻氏の居城であったと伝えられる。鎌倉末期,下妻氏は北条氏の圧迫を受け勢力をそがれるが,建武新政期その反動もあってか,この地域は南朝方の有力な根拠地となる。1341年(興国2∥暦応4)春日顕国は興良親王を奉じ,城主下妻政泰に迎えられて,この城に入る。以後2年にわたる激戦のすえ43年11月,大宝沼北岸の関城とともに落ち,城主政泰は戦死した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の城がわかる事典の解説

だいほうじょう【大宝城】

茨城県下妻市にあった平城(ひらじろ)。国指定史跡。小山氏の一族の下妻氏の居城。1232年(貞永1)に下妻長政が築いたとされる。三方を大宝沼に囲まれた高台に築かれた水城で、近隣の関城(筑西市)とは船で結ばれていたといわれる。南北朝時代に、城主の下妻政泰が南朝方に属したため、大宝城は足利幕府の高師冬(こうのもろふゆ)らの攻撃を受けた。1341年(暦応4/興国2)、北畠親房が籠城していた小田城の城主小田治久が幕府に降伏して城を開いたため、親房は関城に移り、春日顕国は興良親王を奉じて大宝城に入城した。下妻一族は顕国らを主将として、関城の関氏と連携しながら幕府軍に対抗したが、やがて関城との連携を断たれて落城した。1344年(康永3)11月、春日顕国は大宝城の奪還に成功したが、翌日には再奪還され、顕国は討ち死にした。同市内の大宝小学校や大宝八幡神社のある一帯がかつての大宝城跡で、土塁や空堀の跡がわずかに残っている。関東鉄道常総線大宝駅から徒歩約15分。

出典|講談社日本の城がわかる事典について | 情報

大宝城の関連キーワード南北朝時代(日本)関・大宝城の戦い南北朝の内乱茨城県下妻市下妻(市)小笠原貞宗常陸国関城跡

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android