コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下戸 ゲコ

世界大百科事典 第2版の解説

げこ【下戸】

魏志東夷伝》にみられる社会階層。3世紀中葉を中心とした時期に,高句麗,夫余,濊(わい),韓,倭など東夷全域に存在していた。本来下戸は中国で使用された概念であるが,《魏志東夷伝》のそれは固有の意味をもっている。すなわち,〈奴僕〉のごときものであり,軍糧を担って諸加(首長層)とともに戦場に赴き,大家(支配層)に〈米糧,魚塩〉を供給する義務を負う存在であった。彼らは邑(村)落共同体の一般成員であり,豪民や渠帥などの邑落首長に統率され,さらにその邑落は王族や諸加によって支配されていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下戸の関連情報