コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下館藩 しもだてはん

3件 の用語解説(下館藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下館藩
しもだてはん

江戸時代,常陸国 (茨城県) 真壁郡下館地方を領有した藩。結城氏家臣水谷氏が立藩して3万 2000石,寛永 16 (1639) 年から3年間松平 (水戸) 氏5万石,しばらく幕領となり,寛文3 (63) 年から増山氏2万 3000石,井上氏5万石,黒田氏1万 5000~2万石を経て享保 17 (1732) 年石川氏が2万石で入封して以来廃藩置県にいたる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩名・旧国名がわかる事典の解説

しもだてはん【下館藩】

江戸時代常陸(ひたち)国真壁(まかべ)郡下館(現、茨城県筑西(ちくせい)市)に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩。藩校は蒙養館(もうようかん)。戦国時代この地は、中世の豪族下総(しもうさ)結城(ゆうき)氏の家臣、水谷(みずのや)氏の所領だった。関ヶ原の戦いで東軍に与して所領を安堵(あんど)されたが、1639年(寛永(かんえい)16)に備中(びっちゅう)国成羽(なりわ)藩に転封(てんぽう)(国替(くにがえ))となり、代わって水戸藩主徳川頼房(よりふさ)の長男松平頼重(よりしげ)が5万石で入った。以後天領の時期をはさみながら、63年(寛文(かんぶん)3)増山正弥(まさみつ)、1703年(元禄16)黒田直邦(なおくに)と続き、32年(享保(きょうほう)17)に石川総茂(ふさしげ)が伊勢(いせ)国神戸(かんべ)藩から2万石で入り、以後明治維新まで石川氏9代が続いた。1871年(明治4)の廃藩置県により、下館県を経て茨城県に編入された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下館藩
しもだてはん

常陸(ひたち)国真壁(まかべ)郡下館(茨城県筑西(ちくせい)市)に本拠を置いた譜代(ふだい)藩。この地は、戦国期には結城(ゆうき)氏の宿将水谷(みずのや)氏の所領であったが、1639年(寛永16)水谷氏は備中(びっちゅう)成羽(なりわ)へ移り、かわって水戸藩主徳川頼房(よりふさ)の長男松平頼重(よりしげ)が5万石で新封となったが、42年讃岐(さぬき)高松に移る。1663年(寛文3)三河西尾から増山正弥(まさみつ)が2万3000石で入り、1702年(元禄15)伊勢(いせ)長島に移る。翌03年、黒田直邦(なおくに)が1万5000石で入封、1732年(享保17)上野(こうずけ)沼田に移る。同年、伊勢神戸(かんべ)から石川総茂(ふさしげ)が2万石で入り、総陽(ふさはる)、総候(ふさとき)、総弾(ふさただ)、総般(ふさつら)、総親(ふさちか)、総承(ふさつぐ)、総貨(ふさとみ)、総管(ふさかね)と続き廃藩置県に至る。石川氏は雁間詰(かりのまづめ)、従(じゅ)四位下、播磨守(はりまのかみ)または若狭守(わかさのかみ)、江戸上屋敷は桜田門、中屋敷は麻布市兵衛(あざぶいちべえ)町、下屋敷は三田新堀(みたしんぼり)、四谷。所領は真壁郡30か村、河内(かわち)国石川郡18か村、同古市郡4か村計2万石。大坂蔵屋敷は近江(おうみ)町、蔵元(くらもと)泉屋源右衛門(げんえもん)、文政(ぶんせい)期(1818~30)、明治期に藩札を発行。藩校蒙養館(もうようかん)。寛政(かんせい)期(1789~1801)に心学講舎有隣舎(ゆうりんしゃ)があり、1838年(天保9)には二宮尊徳(にのみやそんとく)を起用して藩財政改革に着手、効果をみた。明治に至り下館県を経て茨城県に編入。[秋山高志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下館藩の関連キーワード常陸真壁〈町〉茨城県桜川市真壁町真壁在顔真壁氏幹真壁高幹真壁長幹真壁秀幹真壁房幹真壁氏

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone