コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

両津[市] りょうつ

2件 の用語解説(両津[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

両津[市]【りょうつ】

新潟県佐渡島北東部にある旧市。1954年市制。中央部は国中平野北東部にあたり,中心の夷(えびす),湊地区は両津湾加茂湖の間の砂州に立地した漁業の町である。両津港は明治以降新潟港の補助港として発達,同港との間にジェットフォイルフェリーボートが就航して佐渡観光の表玄関をなす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りょうつ【両津[市]】

新潟県佐渡島東部,両津湾に臨む市。1954年市制。人口1万8430(1995)。市の中央部は加茂湖をいだく国中(くになか)平野,北部は大佐渡山地,南部は小佐渡丘陵の東部にあたる。外海府海岸北部から内海府海岸,両津湾岸,新潟市対岸にいたる約87kmの海岸線をもち,その長さは全島の約2/5にあたる。中心市街は両津湾と加茂湖を分ける砂州上にあり,北西部の夷(えびす)と南東部の湊を合わせ両津となった。佐渡の玄関口は近世までは南西端の小木港で,夷,湊とも小漁村にすぎなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

両津[市]の関連キーワード加茂湖佐渡鉱山外海府海岸ドンデン山両津佐渡汽船佐渡佐渡おけさ両津甚句芸能とトキの里

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone