コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

両津[市] りょうつ

百科事典マイペディアの解説

両津[市]【りょうつ】

新潟県佐渡島北東部にある旧市。1954年市制。中央部は国中平野北東部にあたり,中心の夷(えびす),湊地区は両津湾加茂湖の間の砂州に立地した漁業の町である。両津港は明治以降新潟港の補助港として発達,同港との間にジェットフォイル,フェリーボートが就航して佐渡観光の表玄関をなす。北西部の大佐渡山地佐渡弥彦米山国定公園に属する。内海府海岸では定置網漁業,加茂湖ではカキ養殖が盛ん。加茂湖畔に佐渡空港がある。2004年3月佐渡郡相川町,佐和田町,金井町,新穂村,畑野町,真野町,小木町,羽茂町,赤泊村と合併し,佐渡市となる。233.40km2。1万7228人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りょうつ【両津[市]】

新潟県佐渡島東部,両津湾に臨む市。1954年市制。人口1万8430(1995)。市の中央部は加茂湖をいだく国中(くになか)平野,北部は大佐渡山地,南部は小佐渡丘陵の東部にあたる。外海府海岸北部から内海府海岸,両津湾岸,新潟市対岸にいたる約87kmの海岸線をもち,その長さは全島の約2/5にあたる。中心市街は両津湾と加茂湖を分ける砂州上にあり,北西部の夷(えびす)と南東部の湊を合わせ両津となった。佐渡の玄関口は近世までは南西端の小木港で,夷,湊とも小漁村にすぎなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android