コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中上健次 なかがみけんじ

5件 の用語解説(中上健次の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中上健次
なかがみけんじ

[生]1946.8.2. 和歌山
[没]1992.8.12. 和歌山
小説家。和歌山県新宮高校卒業後,上京。働きながら同人誌『文芸首都』に参加。『岬』 (1975) で戦後生れ初の芥川賞受賞。続く『枯木灘』 (77) は郷里熊野の風土と,錯綜する血縁関係をもつ人々の愛憎を神話的スケールで描き,毎日出版文化賞,芸術選奨文部大臣新人賞を受賞する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なかがみ‐けんじ【中上健次】

[1946~1992]小説家。和歌山の生まれ。故郷の紀州熊野の風土を背景に、複雑な血縁関係の愛憎に生きる人間を描いた作品を発表。作「」「枯木灘」「地の果て至上の時」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

中上健次【なかがみけんじ】

小説家。和歌山県生れ。新宮高校卒。高校時代より小説の習作を始め,卒業後上京,同人誌《文芸首都》に参加。《十九歳の地図》(1974年)で注目を浴びた。自身の複雑な家族関係を素材として,〈血〉の葛藤を〈路地〉という被差別地域の物語として描き出す《岬》(1975年)で芥川賞受賞。
→関連項目神代辰巳

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中上健次 なかがみ-けんじ

1946-1992 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和21年8月2日生まれ。上京して「文芸首都」同人となる。ジャズや映画,演劇に熱中し,肉体労働のかたわら小説をかく。昭和51年「岬(みさき)」で戦後生まれ初の芥川賞。「枯木灘(なだ)」「鳳仙花(ほうせんか)」などに紀州熊野(くまの)の風土と複雑な血縁関係の葛藤(かっとう)をえがいた。平成4年8月12日死去。46歳。和歌山県出身。新宮(しんぐう)高卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

なかがみけんじ【中上健次】

1946~1992) 小説家。本姓、中上なかうえ。和歌山県生まれ。紀州熊野の風土や地縁血縁関係を描き、民俗・物語・差別の問題を追究。「枯木灘」「地の果て 至上の時」「熊野集」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中上健次の関連キーワード大薗卓篠原健治諏訪優辻隆津田秀夫鳥羽亮中島源太郎福田千恵藤井敏嗣千葉勝美

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中上健次の関連情報