コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中井久夫 なかい ひさお

3件 の用語解説(中井久夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中井久夫 なかい-ひさお

1934- 昭和後期-平成時代の精神医学者,評論家,翻訳家。
昭和9年1月16日生まれ。京大助手,青木病院勤務,名古屋市立大助教授などをへて,昭和55年神戸大教授。平成元年「カヴァフィス全詩集」で読売文学賞(研究・翻訳賞)。8年「家族の深淵」で毎日出版文化賞。9年甲南大教授。16年兵庫県こころのケアセンター所長。心理療法でつかわれる風景構成法を考案,阪神淡路大震災のおりには被災者のメンタルケアに尽力した。25年文化功労者。奈良県出身。京大卒。著作は他に「分裂病と人類」「清陰星雨」「関与と観察」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

百科事典マイペディアの解説

中井久夫【なかいひさお】

奈良県に生まれ兵庫県宝塚市,伊丹市で育つ。1951年,京都大学法学部に入学するがその後医学部に転じ,1959年卒業。ウイルス研究から東京大学付属病院勤務中に精神医学に転向した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中井久夫
なかいひさお
(1934― )

精神医学者。奈良県生まれ。1952年(昭和27)京都大学法学部入学、1955年医学部医学科に移り、1959年卒業。病院勤務などを経て、1975年より名古屋市立大学医学部助教授、1980年神戸大学医学部教授。1997年(平成9)に退官した後は甲南大学文学部教授(2004年退職)、神戸大学・甲南大学名誉教授
 大学卒業後、最初はウイルス学を研究するが、30代に精神医学に移り、当時まだ治療法の確立されていなかった統合失調症(精神分裂病)の研究にとりくむ。精神と身体の双方を、詳細に観察して読みとった患者の症状を時系列でグラフ化することから、寛解(回復)過程に関する研究を練り上げ、いくつかのフェーズの変移として病を位置づけることに成功した。また、その研究過程で生まれた、枠づけされた画用紙に風景の要素を配置させる「風景構成法」は、患者心理に悪影響をもたらすことの少ない診断法、芸術療法として高い評価を得ている。その後も、統合失調症論、治療論を中心に多数の論文を発表し、日本の精神医学の第一線にたつ。同時に、医学論文に収まらない文化論的視座を備えた『分裂病と人類』(1982)で、統合失調症の特徴がかすかな変化への鋭敏さにあると考えて、この能力が人類の生存に役だってきたのではないかという壮大な仮説を提示。1983年の『文化精神医学と治療文化論』(のちに『治療文化論』に改題)では、特定の地域文化圏のみでみられる文化依存症候群、地域とかかわりのない普遍症候群、より個性的で類型化しがたい個人症候群という概念に依拠して、伝統と精神の病のかかわりを探究した。このような中井の理論は、強靭(きょうじん)な構想力に支えられた斬新(ざんしん)なアイディアをちりばめつつ、体系化を志向せず、けっして臨床から遊離しない。とりわけその統合失調症論において、病者の微細な感覚や心理への洞察の深さには比類がない。
 一方、該博な教養に裏打ちされた散文の名手として、『記憶の肖像』(1992)、毎日出版文化賞を受賞した『家族の深淵』(1995)、『アリアドネからの糸』(1997)といったエッセイを上梓(じょうし)している。また1984年からギリシア詩にひかれ、『現代ギリシャ詩選』(1985)、『リッツォス詩集 括弧(かっこ)』(1991)と、これまで日本では知られることの少なかった現代ギリシア詩人の作品を翻訳、紹介していく。『カヴァフィス全詩集』(1988)は、読売文学賞の研究・翻訳賞を受賞した。さらに青年期からポール・バレリーの著作に親炙(しんしゃ)しており、それは、1995年の『若きパルク 魅惑』の流麗な訳文となって結実した。
 阪神・淡路大震災時、神戸大学にいた中井は、ただちに各大学の精神科医らのネットワークを組織して被災者のメンタル・ヘルスのために尽力し、被災者の精神的ケアを行う「こころのケアセンター」所長も務めた。その活動を通じ中井は、PTSD(心的外傷後ストレス障害)とそのケアの必要性という考えを日本に広めるためにも、一定の役割を果たした。その理論的知見と病者への繊細な配慮は、神戸大学退官講義『最終講義』(1998)や、教科書として書かれた『看護のための精神医学』(2001。山口直彦(1939― )との共著)からもうかがうことができる。[倉数 茂]
『『分裂病と人類』(1982・東京大学出版会) ▽『中井久夫著作集――精神医学の経験』1~5、別巻1、2(1984~1995・岩崎学術出版社) ▽『記憶の肖像』(1992・みすず書房) ▽『家族の深淵』(1995・みすず書房) ▽『アリアドネからの糸』(1997・みすず書房) ▽『最終講義――分裂病私見』(1998・みすず書房) ▽中井久夫・山口直彦著『看護のための精神医学』(2001・医学書院) ▽『治療文化論――精神医学的再構築の試み』(岩波現代文庫) ▽中井久夫訳『現代ギリシャ詩選』(1985・みすず書房) ▽カヴァフィス著、中井久夫訳『カヴァフィス全詩集』(1988/新装版・1997・みすず書房) ▽ヤニス・リッツォス著、中井久夫訳『リッツォス詩集 括弧』(1991・みすず書房) ▽ポール・ヴァレリー著、中井久夫訳『若きパルク 魅惑』(1995/改訂普及版・2003・みすず書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中井久夫の言及

【フロイト】より

…死の直前まで患者に対する診療(2ヵ月前まで)と執筆活動をやめなかった。 中井久夫は《西欧精神医学背景史》(1979)において,フロイトはまだ歴史に属していない,彼の影響はなお今日も測深しがたい,巧みに無限の思索に誘い込む強力なパン種を20世紀の中に仕込んでおいた一人だといった趣旨を述べている。至言である。…

※「中井久夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中井久夫の関連キーワード小此木啓吾土居健郎小田晋笠原嘉柏木哲夫木村敏島薗安雄新福尚武宮本忠雄村松常雄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中井久夫の関連情報