コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

企業組合 きぎょうくみあいbusiness society

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

企業組合
きぎょうくみあい
business society

中小企業等協同組合法に基づき中小企業経営者が,資本と労働を企業相互間で出しあい,協同で大規模な事業を行う組織。同法では,商業工業鉱業運送業サービス業などほとんどすべての事業分野にわたっている。大企業に比べて力の弱い中小企業経営者が団結して経営規模を大きくし,事業を発展させようとするねらいをもっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

企業組合【きぎょうくみあい】

商業,工業,鉱業,運送業,サービス業等の中小企業者が資本と労力を出し合ってより大きな事業の共同経営を行う,いわゆる生産組合中小企業等協同組合法(1949年)に基づく。
→関連項目中小企業等協同組合

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

きぎょうくみあい【企業組合】

小規模業者が資本と労務を提供し合い、協同して商業・工業・鉱業・運送業・サービス業などの事業を行う生産組合。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

企業組合
きぎょうくみあい

中小企業等協同組合の一種で、中小企業等協同組合法(昭和24年法律181号)に基づき、組合員が資本と労働力を出し合って事業を行う組合組織。組合員の3分の2以上が自ら組合の事業に従事しなければならず、しかも、組合の事業に従事している者の半分以上は組合員でなければならない。事業協同組合は一般に中小企業の連合体であるが、企業組合は個人の協同による独立事業体であり、弱者の相互扶助という協同主義をより強く反映している。[森本三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

企業組合の関連キーワードベブレン(Thorstein Bunde Veblen)ヤング(Kimball Young)光生アルミニューム工業中小企業団体組織法手作り味工房彩彩シンジケートK. ヤングカネテックイルシッド工藤 鉄男ゆあさの水きょくとう瀬崎 博義全体社会労働組合企業形態今澄 勇PR誌PAC主権

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

企業組合の関連情報