コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下呂温泉 げろおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下呂温泉
げろおんせん

岐阜県中東部,下呂市にある温泉。飛騨川の上流益田川に臨み,下呂駅付近と対岸の湯ノ島に分かれる。古くから知られていたが,特に 1924年の掘削以来,豊富な湧出量を誇る。泉質単純泉硫黄泉泉温 83℃。リウマチ神経痛に効能がある。温泉街は 1934年高山本線が開通して急速に発展。名古屋,岐阜方面からの観光客が多い。飛騨木曾川国定公園に含まれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

げろおんせん【下呂温泉】

岐阜県下呂市にある温泉。有馬・草津とともに古来名湯とされる。硫化水素泉。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔岐阜県〕下呂温泉(げろおんせん)


岐阜県東部の下呂市、飛騨(ひだ)川の渓流に沿う行楽向きの温泉。有馬(ありま)温泉(兵庫県)・草津(くさつ)温泉(群馬県)とともに日本三名泉に数えられた古湯。飛騨街道の宿場町を兼ねて発展し、第二次大戦後は中部地方を代表する歓楽温泉に発展。飛騨川下流は屏風(びょうぶ)のような断崖(だんがい)が続く「中山七里(なかやましちり)」の景勝地。温泉街東に合掌(がっしょう)村・民芸の郷(さと)がある。ナトリウム-塩化物炭酸水素塩泉、単純硫黄泉(硫化水素型)。泉温83℃。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下呂温泉
げろおんせん

岐阜県中東部、下呂市にある温泉。古くから有馬(ありま)、草津の温泉とともに天下の三名泉の一つにあげられている名湯。温泉はJR高山本線下呂駅付近と湯之島に分かれている。内湯をもつ旅館やホテルのほか、官公庁、会社の保養所や寮も多い。観光名所は、飛騨(ひだ)川沿いに中山七里(なかやましちり)や、合掌村などがあるほか、8月には「下呂温泉まつり」が行われる。泉質は単純温泉。[上島正徳]
『下呂温泉観光協会編集委員会編『下呂温泉観光50年のあゆみ』(1997・下呂温泉観光協会) ▽『下呂温泉』(2004・JTBパブリッシング)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

下呂温泉の関連キーワード飛騨木曽川国定公園岐阜県下呂市森岐阜県下呂市下呂[市]下呂〈町〉下呂[町]山田 光成下呂(市)飛騨街道中山七里宿場町林羅山民芸名湯

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下呂温泉の関連情報