コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村宗哲 なかむらそうてつ

百科事典マイペディアの解説

中村宗哲【なかむらそうてつ】

江戸時代に始まる代々の塗師。10世まである。初世〔1617-1695〕は,名を玄弼といい,京都の人。点茶を好み,藤村庸軒との交わりを通じて千家の塗師となった。3世〔1699-1776〕は漆桶(しっとう)と号し,後桜町天皇即位の調度の蒔絵(まきえ)で著名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中村宗哲
なかむらそうてつ

江戸時代から京都に続いた塗師(ぬし)。茶の湯家元・千家(せんけ)の職家(しょくか)の一の塗師として世襲した家柄で、現在12代に及ぶ。初代宗哲(1617―95)は通称を八郎兵衛、名を玄弼(げんひつ)といい、勇山、漆翁、方寸(あん)と号した。点茶を好み藤村庸軒(ふじむらようけん)と深く交わり、千家の塗師として代々業を伝えた。3代宗哲(1699―1776)は漆桶(しつよう)、汲斎(きゅうさい)、紹朴と号し、中村家各代のうちもっとも著名。棗(なつめ)の作品が世に賞玩(しょうがん)され、70歳の賀に700点の棗をつくり、彭祖(ほうそ)宗哲と称された。12代宗哲(1932―2005)は11代の長女。1986年(昭和61)に襲名、女性初の職家となった。[郷家忠臣]
『12代中村宗哲著『漆の美 中村宗哲家の歴代――意を匠み、技を重ねる』(2003・淡交社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の中村宗哲の言及

【棗】より

… 茶の湯として規範となる棗は利休型で,大・中・小のうち利休型中棗が棗の標準となっている。この寸法は千家の職方である中村宗哲家に伝来するもので,きびしく管理される。利休によってわび茶が進行すると,陶製の濃茶入に代替するものとして,中棗(鷲棗)を仕覆(しふく)(袋)に入れる仕覆棗や,帛紗(ふくさ)で包む包帛紗,また縮緬(ちりめん)の大津袋に入れるなど,中棗が濃茶入に替えて用いられ,棗の茶器としての重みが増した。…

※「中村宗哲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中村宗哲の関連キーワード千宗守(初代)武者小路千家流武者小路千家青山勘四郎堀内仙鶴表千家

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android