中村時蔵(読み)なかむら ときぞう

世界大百科事典 第2版の解説

なかむらときぞう【中村時蔵】

歌舞伎俳優。5世まである。(1)初世 3世中村歌六の前名。(2)2世(1876‐1909∥明治9‐42) 3世歌六の養子中村種太郎から歌昇と改名,1908年時蔵をついだが翌年没。(3)3世(1895‐1959∥明治28‐昭和34) 本名小川米吉郎,3世歌六の次男。1900年米吉の名で初舞台。兄吉右衛門とともに東京市村座に出演,16年時蔵を襲名,同時に名題昇進。もっぱら兄の女房役をつとめ,4世市川男女蔵(のちの3世左団次)とともに人気を呼んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中村時蔵
なかむらときぞう

歌舞伎(かぶき)俳優。屋号は4世まで播磨(はりま)屋、5世は万(よろず)屋。[服部幸雄]

初世

(1849―1919)明治から大正にかけて活躍した3世中村歌六(かろく)の前名。[服部幸雄]

2世

(1876―1909)3世歌六の養子。女方(おんながた)、二枚目。1908年(明治41)中村歌昇(かしょう)から2世を襲名したが、翌年没した。[服部幸雄]

3世

(1895―1959)3世歌六の次男で、初世中村吉右衛門(きちえもん)の弟。17世中村勘三郎の兄。1916年(大正5)中村米吉(よねきち)から3世時蔵を襲名。女方ながら二枚目の立役(たちやく)も勤め、所作事(しょさごと)にも優れていた。初世吉右衛門の相手役として活躍、昭和の立女方(たておやま)として功績があった。1958年(昭和33)日本芸術院会員。[服部幸雄]

4世

(1927―62)3世の次男。2世中村梅枝(ばいし)、6世中村芝雀(しばじゃく)を経て1960年(昭和35)4世時蔵を襲名。生来の美貌(びぼう)で、演技にも優れた才能をみせて人気があり、次代を担う女方と期待されたが、大成を待たずに急逝した。[服部幸雄]

5世

(1955― )4世の長男。1981年(昭和56)6月、3世梅枝から5世を襲名。2008年(平成20)芸術院賞受賞。[服部幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の中村時蔵の言及

【中村歌六】より

…(3)3世(1849‐1919∥嘉永2‐大正8) 初世の三男。前名中村米吉,中村梅枝,中村時蔵。1873年(時蔵時代)兄とともに上京,河原崎権之助(のちの9世市川団十郎)と一座したが意見が合わず,その後中芝居を転々として人気を博した。…

※「中村時蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中村時蔵の関連情報