中村鴈治郎(4代)(読み)なかむら がんじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村鴈治郎(4代) なかむら-がんじろう

1959- 昭和後期-平成時代の歌舞伎役者。
昭和34年2月6日生まれ。4代坂田藤十郎(3代中村鴈治郎)の長男。母は扇千景。舞踊家吾妻徳弥の夫。昭和42年「紅梅曾我」の一萬丸で中村智太郎を名のり初舞台。平成7年5代翫雀を襲名芸域はひろく,立役(たちやく),女形もこなす。19年芸術院賞。27年4代中村鴈治郎を襲名。京都府出身。慶大卒。本名は林智太郎。屋号は成駒屋(なりこまや)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android