コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中枢院 ちゅうすういん Chung-ch'uwǒn

3件 の用語解説(中枢院の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中枢院
ちゅうすういん
Chung-ch'uwǒn

朝鮮,高麗~朝鮮王朝 (李朝) ,植民地時代の官庁。高麗の成宗 10 (991) 年に創設され,忠烈王以降に密直司と改称,王命の出納と軍の機務を司った国家の枢要機関であった。朝鮮王朝の初め,辛昌4 (1392) 年の官制では中枢院が政権と兵権とをあわせ握る最高官職であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうすういん【中枢院】

朝鮮の高麗,李朝,日本の植民地時代に設置された官庁名。高麗初期の991年,宋の枢密院にならい創設され,宿衛,軍機などをつかさどり,のち密直司と改称された。李朝初期には政令出納,軍政,警備などをつかさどり軍参謀部の役割をも果たした。のちしだいに権力を移譲し,無任の堂上官の待命する府となった。大韓帝国では1904年議政府所属の内閣諮問機関として復活,日本統治期には朝鮮総督の諮問機関として,要人を参議に任じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちゅうすういん【中枢院】

朝鮮王朝時代の官庁名。出納・軍制・警備などのことをつかさどった。高麗こうらいの制度を踏襲したもの。
旧朝鮮総督府の官制で、総督の諮詢しじゆん機関。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中枢院の言及

【高麗】より

…一方,中央地方の行政機構も整備された。中央には政務を総轄する三省(中書・門下・尚書),実務を担当する六部(吏・兵・戸・刑・礼・工),王命や軍機をつかさどる中枢院などの官庁がおかれた。地方には重要地点に京や都護府,軍事の要衝に鎮をおき,また全国に約500の郡県と多数の部曲,郷,所,津,駅などをおいた。…

※「中枢院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中枢院の関連キーワード京城帝国大学拓殖会社拓務省李朝火田民妓生史庫ウルンジ在日韓国・朝鮮人《アメリカ史の植民地時代》

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone