コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中津峡 なかつきょう

4件 の用語解説(中津峡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中津峡
なかつきょう

埼玉県西部,荒川上流における支流の一つ,中津川の峡谷。秩父市西の奥秩父にある。秩父古生層チャート石英閃緑岩が数十mの断崖絶壁で続き,新緑や紅葉の頃は一段と美しい。秩父多摩甲斐国立公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

なかつ‐きょう〔‐ケフ〕【中津峡】

埼玉県西部を流れる中津川の中流9キロメートルの峡谷部分。垂直に近い絶壁が続き、奥秩父を代表する渓谷。県指定の名勝で、特に紅葉の名所。秩父多摩甲斐国立公園に含まれる。中津渓谷。中津仙峡。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

なかつきょう【中津峡】

埼玉県西部,荒川の支流中津川の峡谷。中津峡谷ともいう。秩父郡大滝村に属する。塩沢から上流中津川集落まで約9kmにわたって,チャートや石英セン緑岩などからなる硬い秩父古生層を穿入(せんにゆう)蛇行する中津川が,深いV字谷をつくる。両岸は数十mに及ぶ断崖をなし,滝や早瀬も多く,新緑や紅葉の景色の美しさで知られる。【新井 寿郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中津峡
なかつきょう

埼玉県西部、秩父(ちちぶ)市大滝地区にある荒川の支流中津川のうち、とくに中流9キロメートルの峡谷部分をいう。県指定の名勝で、秩父多摩甲斐(ちちぶたまかい)国立公園の区域内にある。中津川は秩父中・古生層帯を流れ、チャート、粘板岩などの堅い岩石の露出地域では、深い峡谷をつくり、絶壁となっている。新緑、紅葉は美しく、とくに紅葉は渓流に映え一幅の眺めである。[中山正民]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中津峡の関連情報