コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中津峡 なかつきょう

4件 の用語解説(中津峡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中津峡
なかつきょう

埼玉県西部,荒川上流における支流の一つ,中津川の峡谷。秩父市西の奥秩父にある。秩父古生層チャート石英閃緑岩が数十mの断崖絶壁で続き,新緑や紅葉の頃は一段と美しい。秩父多摩甲斐国立公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なかつ‐きょう〔‐ケフ〕【中津峡】

埼玉県西部を流れる中津川の中流9キロメートルの峡谷部分。垂直に近い絶壁が続き、奥秩父を代表する渓谷。県指定の名勝で、特に紅葉の名所。秩父多摩甲斐国立公園に含まれる。中津渓谷。中津仙峡。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

なかつきょう【中津峡】

埼玉県西部,荒川の支流中津川の峡谷。中津峡谷ともいう。秩父郡大滝村に属する。塩沢から上流中津川集落まで約9kmにわたって,チャートや石英セン緑岩などからなる硬い秩父古生層を穿入(せんにゆう)蛇行する中津川が,深いV字谷をつくる。両岸は数十mに及ぶ断崖をなし,滝や早瀬も多く,新緑や紅葉の景色の美しさで知られる。【新井 寿郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中津峡
なかつきょう

埼玉県西部、秩父(ちちぶ)市大滝地区にある荒川の支流中津川のうち、とくに中流9キロメートルの峡谷部分をいう。県指定の名勝で、秩父多摩甲斐(ちちぶたまかい)国立公園の区域内にある。中津川は秩父中・古生層帯を流れ、チャート、粘板岩などの堅い岩石の露出地域では、深い峡谷をつくり、絶壁となっている。新緑、紅葉は美しく、とくに紅葉は渓流に映え一幅の眺めである。[中山正民]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中津峡の関連キーワード赤平川中津川市中津川三国山埼玉県秩父市中津川埼玉県秩父郡長瀞町岐阜県中津川市落合岐阜県中津川市苗木岐阜県中津川市中津川岐阜県中津川市本町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中津峡の関連情報