丸山 定夫(読み)マルヤマ サダオ

20世紀日本人名事典の解説

丸山 定夫
マルヤマ サダオ

大正・昭和期の俳優 桜隊隊長。



生年
明治34(1901)年5月31日

没年
昭和20(1945)年8月16日

出生地
愛媛県松山市

別名
芸名=福田 良介

学歴〔年〕
松山高小卒

経歴
小学を出て各地を転々としながら、銀行給仕やオペラのコーラス・ボーイなどをしたあと、大正13年発足早々の築地小劇場に第1回研究生として参加、小山内薫の指導を受け、千田是也らとともに性格俳優として活躍。小山内没後の昭和4年には土方与志山本安英薄田研二らとともに新築地劇団を結成。「生ける人形」以後は同劇団の中心俳優に。7年妻細川ちか子の療養費を得るためエノケン一座に福田良介を名乗って出演、のち東宝映画の前身PCLの映画にも出演した。15年に新築地劇団が当局の弾圧で解散させられると、17年薄田研二、徳川夢声らと苦楽座を結成し、「無法松の一生」などを上演した。20年日本移動演劇連盟“桜隊”を引率して各地を巡回していたが、8月広島で公演中に被爆死した。平成元年演劇評論家・菅井幸雄編集により、遺稿集「俳優・丸山定夫の世界」が刊行された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

丸山 定夫
マルヤマ サダオ


職業
俳優

肩書
桜隊隊長

別名
芸名=福田 良介

生年月日
明治34年 5月31日

出生地
愛媛県 松山市

学歴
松山高小卒

経歴
小学を出て各地を転々としながら、銀行給仕やオペラのコーラス・ボーイなどをしたあと、大正13年発足早々の築地小劇場に第1回研究生として参加、小山内薫の指導を受け、千田是也らとともに性格俳優として活躍。小山内没後の昭和4年には土方与志、山本安英、薄田研二らとともに新築地劇団を結成。「生ける人形」以後は同劇団の中心俳優に。7年妻細川ちか子の療養費を得るためエノケン一座に福田良介を名乗って出演、のち東宝映画の前身P.C.L.の映画にも出演した。15年に新築地劇団が当局の弾圧で解散させられると、17年薄田研二、徳川夢声らと苦楽座を結成し、「無法松の一生」などを上演した。20年日本移動演劇連盟“桜隊”を引率して各地を巡回していたが、8月広島で公演中に被爆死した。平成元年演劇評論家・菅井幸雄編集により、遺稿集「俳優・丸山定夫の世界」が刊行された。

没年月日
昭和20年 8月16日 (1945年)

親族
姪=丸山 由利亜(女優)

伝記
俳優・丸山定夫の世界さくら隊8月6日―広島で被爆した若き新劇人たちさくら隊散る 丸山 定夫 著,菅井 幸雄 編新藤 兼人 著新藤 兼人 著(発行元 未来社岩波書店未来社 ’89’88’88発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

丸山 定夫 (まるやま さだお)

生年月日:1901年5月31日
大正時代;昭和時代の新劇俳優
1945年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丸山 定夫の関連情報