コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久井[町] くい

百科事典マイペディアの解説

久井[町]【くい】

広島県南東部,御調(みつぎ)郡の旧町。大部分吉備(きび)高原の丘陵性山地をなす。米作が主で,酪農養鶏も行われる。家具製造,プラスチック加工などの工場もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くい【久井[町]】

広島県南東部,御調(みつぎ)郡西部の町。人口5820(1995)。世羅台地南部に位置し,芦田川支流の御調川上流域,沼田(ぬた)川支流の仏通寺川,徳良川上流域を占める。台地上にあるため農業用水が不足し,町内に吉田大池など1000ヵ所以上の溜池がある。近世以降,牛市は日本三大市場の一つとして知られ,宿場としても栄えた。米作を中心に酪農,養鶏を行い,近年は高冷地を利用した野菜の抑制栽培,カーネーションなどの花卉栽培が盛んで,ニシキゴイのせり市場もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

久井[町]の関連キーワード吉備高原相模川吉備

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

久井[町]の関連情報