コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳様突起炎 にゅうようとっきえんmastoiditis

翻訳|mastoiditis

世界大百科事典 第2版の解説

にゅうようとっきえん【乳様突起炎 mastoiditis】

乳様突起mastoid processは耳(耳介)の後方にある骨の突起であるが,この内側には中耳腔の一部(その形から蜂巣とよばれる)が広がっている。中耳に炎症がおこり,乳様突起の蜂巣にも炎症がおよぶと,単なる中耳炎より治りにくく,症状や治療法もかわってくるので,中耳炎と区別してこの名称がある。急性乳様突起炎(または乳突洞炎)では,急性中耳炎のあと鼓膜の穿孔(せんこう)から耳漏(耳だれ)が止まらず,耳のレントゲン写真乳突蜂巣部に骨の変化がみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乳様突起炎
にゅうようとっきえん

急性中耳炎の一つで、乳様突起とは耳介後方の皮膚の下に触れる側頭骨の突起をさし、炎症がその蜂(はち)の巣のような構造(蜂巣(ほうそう))の中まで進み、膿汁(のうじゅう)が貯留した状態を乳様突起炎という。中耳炎が発症して1週間以後におこることが多い。耳の痛み、発熱、難聴など中耳炎の症状が増悪し、とくに耳介の後方(乳様突起領域)の疼痛(とうつう)や圧痛が強く、腫脹(しゅちょう)してくる。ときには耳介が大きく目だつようになり、激しい痛みがある。耳後部のリンパ節が腫脹して、圧痛のあることも少なくない。外耳道深部の後上壁は乳様突起(乳突洞)と隣接しているので、外耳道の後上壁が浮腫性となり下垂する。鼓室および乳様突起蜂巣内に膿汁が貯留し、鼓膜が膨隆して、ついには鼓膜穿孔(せんこう)をおこし、膿性の耳漏(耳だれ)が流出する。薄い蜂巣内の骨性の隔壁は溶解して融合する。ときには乳様突起の外側の骨壁が破壊され、骨膜下膿瘍(のうよう)をつくり、それが胸鎖乳突筋に沿って頸(けい)部にまで流下することもある。
 顔面神経麻痺(まひ)や頭蓋(とうがい)内合併症をおこす危険もあり、絶対安静、鎮痛剤や鎮静剤の投与、局所の冷罨法(あんぽう)とともに広範囲の病原菌に有効な抗生物質の全身的な投与を行う。しかし、多くの場合は根治的な乳様突起開放手術が必要である。[河村正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

乳様突起炎の関連キーワード矢野麻美フローチャート対人地雷全面禁止条約クラスター爆弾禁止条約クラスター爆弾規制条約クラスター爆弾禁止条約制定運動クラスター爆弾規制条約制定運動ジオメトリー処理ソルベー法インシデント・プロセス