コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾徳山 ケントクサン

3件 の用語解説(乾徳山の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けんとく‐さん【乾徳山】

山梨県山梨市の北部にある山。標高2031メートル。頂上からの眺望がよい。中腹に大平牧場があり、裾野は草原状になっている。山麓の甲州市に、武田信玄の菩提(ぼだい)寺である乾徳山恵林(えりん)寺がある。秩父多摩甲斐国立公園に属する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

けんとくさん【乾徳山】

山梨県北部,塩山(えんざん)市の北方にある山。秩父山地の主稜線から南へ分岐する尾根上の突起部で,標高2020m。山頂部は変質を受けた角セン安山岩,凝灰角レキ岩より成り,中腹は草原,西面は高さ数十mの岩壁となっている。南岩壁は,夢窓疎石が面壁を行った地として知られる。山名は,のちに恵林(えりん)寺創設の折,山頂の位置が乾(いぬい)にあたることから名づけられたという。秩父多摩国立公園に含まれ,笛吹川上流の西沢渓谷とともにハイキングに格好の山である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乾徳山
けんとくさん

山梨県北部、笛吹(ふえふき)川上流、山梨市三富(みとみ)地区にある山。標高2031メートル。山頂部は安山岩類の大岩塊よりなる。夢窓(むそう)国師が一夏面壁修行した地。新緑、紅葉、岩登りと京浜方面からのハイカーが多い。徳和から大平牧場経由で頂上に立ち、道満(どうまん)尾根を下るのが一般的。健脚には頂上から黒金(くろがね)山、大ダオ、東奥山窪(ひがしおくやまくぼ)経由で徳和に至るコースもある。山麓(さんろく)の甲州市塩山(えんざん)地区に乾徳山恵林(えりん)寺がある。[吉村 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

乾徳山の関連キーワード大迫尚敏航空自衛隊チェルノブイリ原発事故新型インフルエンザ世界遺産日露戦争ミニマム・アクセス米スーパーサイエンスハイスクール(SSH)町立女川中学校地方裁判所と支部

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone