コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五泊 ごとまり

5件 の用語解説(五泊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五泊
ごとまり

瀬戸内海沿岸に開かれた河尻 (淀川河口の地) ,摂津大輪田泊 (神戸付近) ,魚住泊 (兵庫県明石市) ,韓 (から) 泊 (加古川河口か) ,播磨茶生 (はりまむろう) 泊 (兵庫県室津) の5港。天平年間 (729~749) 行基が開いたといわれ,間隔は,ほぼ1日の航路にあたっており,奈良,平安時代瀬戸内海交通の要衝として栄えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ご‐とまり【五泊】

奈良時代から鎌倉中期、瀬戸内海を航行して難波(なにわ)に入る船が停泊した五つの港。檉生泊(むろうのとまり)(たつの市)・韓泊(からのとまり)(姫路市)・魚住泊(うおずみのとまり)(明石市)・大輪田泊(おおわだのとまり)(神戸市)・河尻(尼崎市)の五つ。ごはく。

ご‐はく【五泊】

ごとまり

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ごとまり【五泊】

奈良時代から鎌倉時代にかけて、瀬戸内海を経て難波なにわに向かう舟が停泊した五つの港。播磨の檉生むろう(室津)・韓から(姫路)・魚住うおずみ(明石)、摂津の大輪田(兵庫)・河尻(淀川川尻)。ごはく。

ごはく【五泊】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の五泊の言及

【魚住泊】より

…天平年中に僧行基(ぎようき)が開いたと伝える摂播五泊(ごはく)(河尻,大輪田,魚住,韓(から),檉生(むろう))の一つ。間隔は当時の1日航程で,魚住泊は兵庫県明石市西郊の江井島(えいがしま)港にあたるといい,〈しょうにんさんのはと〉と呼ぶ突堤や,近くには行基開創と伝える長楽寺もある。…

【大輪田泊】より

…摂津にあった港。天平年中(729‐749)に行基(ぎようき)が開いたと伝える五泊(ごはく)(河尻,大輪田,魚住,韓(から),檉生(むろう))の一つ。のちの兵庫津,今の神戸港の前身。…

【港湾】より

…したがって風や潮の流れを巧みに利用することが必要で,そのため津,泊の位置の選定と整備が重要なこととなる。奈良時代には僧行基によって,いわゆる〈五泊〉が開かれ,瀬戸内海から明石海峡を通って淀川河口に達するまでに,檉生(現,室津),大輪田泊(和田岬付近),韓泊(現,的形。一説には福泊ともいわれる),魚住(現,江井島),河尻(淀川河口)の5ヵ所の泊の整備が行われた。…

【瀬戸内海】より

…律令制下,北九州の大宰府と京とを結ぶ陸路の山陽道が全国唯一の大路(駅ごとに20匹の駅馬を置く)とされたが,難波津から海路での遣唐使・遣新羅使の派遣なども行われた。播磨以東には河尻,大輪田,魚住,韓(から),檉生(むろう)の五泊とよばれる1日行程の停泊地が設けられた。9世紀になると,山陽道諸国の新任国司まで海路での赴任が定められ,また官米などの物資の輸送にも海路のほうが安価なため,海上交通の重要度が増した。…

【泊】より

…とくに古代・中世,海岸に沿って航行する地乗り航法の時代には風待・潮待などのための泊の設置が必須であり,中世ではしばしば〈津泊〉と連称された。奈良時代,行基によって創設されたとされる東部瀬戸内海の五泊(河尻,大輪田,魚住,韓,室)が,船で1日行程の距離をおいて置かれていたのは著名な例である。室泊(むろのとまり)は周囲を山で囲まれた絶好の風待港であり,魚住泊は明石海峡を東西流する潮流に対する潮待港であった。…

【船瀬】より

…中世以降の地名用語としては泊のほうが一般的となる。行基の創設した東部瀬戸内海の五泊の船瀬は有名であり,しばしば〈石頽(くず)れ砂漂う〉という被害をうけたが,造船瀬使や国司の管轄下,勝載料(津料)の徴取や船瀬庄田(造船瀬料田)の経営などによって修復・維持された。その他,789年(延暦8)に播磨国美囊郡郡司が水児(かこ)船瀬に稲6万束を献じて叙位されたような在地土豪の献物による修築や,平氏政権による大輪田船瀬再建のような諸国平均役による修築が行われる場合もあった。…

※「五泊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

五泊の関連キーワード児島半島瀬戸内西廻り航路瀬戸内法西淀川直江津港飛船新南陽[市]キジハタ瀬戸内地方

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone