五濁(読み)ごじょく

日本大百科全書(ニッポニカ)「五濁」の解説

五濁
ごじょく

仏教用語。とは濁(にご)り、穢(けが)れのこと。五つの穢れとは、劫濁(こうじょく)、見濁(けんじょく)、煩悩濁(ぼんのうじょく)、衆生濁(しゅじょうじょく)、命濁(みょうじょく)をいう。

(1)劫濁は時代の濁りで、戦争、疫病、飢饉(ききん)などの時代的な環境社会の穢れをいう。

(2)見濁は思想の乱れで、種々の邪悪な思想が流行することをいう。

(3)煩悩濁は煩悩の流行をいう。貪(むさぼ)りや怒りや世間知らずな迷いなどがはびこり、人心は乱れ、悪徳の横行する世相をいう。

(4)衆生濁は人間の善行意欲が低下し、心に活気がなく、不健康で、苦労の多い世間となり、同時に人間の質の低下をみる状態をいう。

(5)命濁は人間の寿命が短くなることをいい、最後には寿命は10歳にまで縮まる。

 総じて五濁は、末世において発生する避けがたい社会的、精神的、生理的な5種の穢れで、五滓(ごし)ともいう。

[田上太秀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「五濁」の解説

ご‐じょく ‥ヂョク【五濁】

〘名〙 仏語。世の中の五つの汚濁。劫濁(こうじょく)天災、地変の起こること)、見濁(衆生が悪い見解を起こすこと)、命濁(衆生が短命になること)、煩悩濁(ぼんのうじょく)(衆生の煩悩が盛んなこと)、衆生濁(しゅじょうじょく)(衆生の果報が衰えること)の五種。五つのにごり。五濁のにごり。〔法華義疏(7C前)〕
謡曲・弱法師(1429頃)「流れ久しき世々までも、五濁の人間を導きて、済度の船をも寄するなる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「五濁」の解説

五濁
ごじょく
pañca kaṣāya

仏教の世界観を表わす用語。世界の存続期間中,世の中のけがれゆくさまを5つに分類したもの。まず人間の寿命が短くなり (寿濁) ,時代的な環境が腐敗し (劫濁) ,煩悩が盛んとなり (煩悩濁) ,思想が混乱をきたし (見濁) ,人間の肉体,精神とも貧相,無気力になる (有情濁) という5つの段階を経て世の中が衰微すると考えられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「五濁」の解説

ご‐じょく〔‐ヂヨク〕【五濁】

仏語。この世が悪くなるときの五つの汚濁の相。天災・疫病・戦争などが起こるこう濁、誤った考え方がはびこる見濁、衆生しゅじょうの寿命が短くなるみょう濁、煩悩によって悪が蔓延する煩悩濁、衆生の資質や果報が低下劣悪となる衆生濁。五つの濁り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android