コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五濁 ごじょくpañca kaṣāya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五濁
ごじょく
pañca kaṣāya

仏教の世界観を表わす用語。世界の存続期間中,世の中のけがれゆくさまを5つに分類したもの。まず人間の寿命が短くなり (寿) ,時代的な環境が腐敗し (劫濁) ,煩悩が盛んとなり (煩悩濁) ,思想が混乱をきたし (見濁) ,人間の肉体,精神とも貧相,無気力になる (有情濁) という5つの段階を経て世の中が衰微すると考えられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ご‐じょく〔‐ヂヨク〕【五濁】

仏語。この世が悪くなるときの五つ汚濁の相。天災・疫病・戦争などが起こる劫(こう)濁、誤った考え方がはびこる見濁、衆生(しゅじょう)の寿命が短くなる命(みょう)濁、煩悩によって悪が蔓延する煩悩濁、衆生の資質や果報が低下劣悪となる衆生濁。五つの濁り

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごじょく【五濁】

〘仏〙 悪世になると生じる五つの悪い現象。劫濁こうじよく(飢饉・天災・戦争などが起こること)・見濁けんじよく(誤った考えがはびこること)・煩悩濁ぼんのうじよく(人を迷わす煩悩がはびこること)・衆生濁しゆじようじよく(人々の心身の資質が低下すること)・命濁めいじよく(人々の寿命が短くなること)の五つ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五濁
ごじょく

仏教用語。濁とは濁(にご)り、穢(けが)れのこと。五つの穢れとは、劫濁(こうじょく)、見濁(けんじょく)、煩悩濁(ぼんのうじょく)、衆生濁(しゅじょうじょく)、命濁(みょうじょく)をいう。
(1)劫濁は時代の濁りで、戦争、疫病、飢饉(ききん)などの時代的な環境社会の穢れをいう。
(2)見濁は思想の乱れで、種々の邪悪な思想が流行することをいう。
(3)煩悩濁は煩悩の流行をいう。貪(むさぼ)りや怒りや世間知らずな迷いなどがはびこり、人心は乱れ、悪徳の横行する世相をいう。
(4)衆生濁は人間の善行意欲が低下し、心に活気がなく、不健康で、苦労の多い世間となり、同時に人間の質の低下をみる状態をいう。
(5)命濁は人間の寿命が短くなることをいい、最後には寿命は10歳にまで縮まる。
 総じて五濁は、末世において発生する避けがたい社会的、精神的、生理的な5種の穢れで、五滓(ごし)ともいう。[田上太秀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

五濁の関連キーワード五濁悪世五濁増時末法思想地蔵菩薩浄土門聖道門五濁増穢れ悪世飢饉仏教濁世濁悪濁乱地蔵

五濁の関連情報