コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人形町 にんぎょうちょう

世界大百科事典 第2版の解説

にんぎょうちょう【人形町】

東京都中央区北部の地名。正式には日本橋人形町と称し,1~3丁目よりなる。地名は,江戸初期にこの付近に人形師や人形商が集中していたことに由来する。1617年(元和3)江戸幕府が現人形町交差点付近に遊郭の建設を許可し,翌年〈吉原〉として開業,57年(明暦3)の浅草千束村への移転まで続いた。1872年(明治5)南隣の日本橋蠣殻(かきがら)町に芝赤羽橋から水天宮が移って以来,その門前町として発展し,日本橋かいわいで唯一戦災にあわなかったこともあって,現在も水天宮通り(都内最古のアーケード街)を中心に老舗(しにせ)が多く,下町情緒を色濃く残す商店街が形成されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人形町
にんぎょうちょう

東京都中央区北東部にある地区。正しくは日本橋人形町。江戸時代、西の銀座と肩を並べた東の繁栄地。1842年(天保13)に浅草猿若(さるわか)町に移転するまで江戸芝居の中心地で、人形市(いち)も立ち、土産(みやげ)物の人形を売る店が並んでにぎわっていたのが町名の由来という。しかし、明治以降は人形町といえば水難・安産の守護神として信仰される水天宮との縁が深く、その門前町として発展した。現在は金融機関や会社の本・支店の並ぶ商業地区。また、門前町らしく老舗(しにせ)の料理店・菓子店がある。東京メトロ日比谷線と都営地下鉄浅草線が人形町駅で交差している。[菊池万雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

人形町の関連キーワードドリームバイザー・ホールディングスパーカーコーポレーションデータ・アプリケーション三遊亭 遊三(2代目)安田 善次郎(1代目)富士紡ホールディングス柳家 つばめ(3代目)日清紡ホールディングスIKEオートビュース市川団十郎(4代)ニッシン・トーア有機合成薬品工業オートサーバー嵐音八(初代)オリックス証券あさがみちこ北上 弥太朗人形町 今半矢吹 勇雄志賀 暁子

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人形町の関連情報