コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今泉今右衛門 いまいずみ いまえもん

4件 の用語解説(今泉今右衛門の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

今泉今右衛門

肥前有田の窯家。赤絵屋十六軒の一つで代々赤絵付を専業とする。五代の時初めて鍋島侯から錦付御用の命を受けた。十代は有田の上絵窯の見透かしを上部に付け斯業に貢献した。現在は十三代目。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いまいずみ‐いまえもん〔いまいづみいまヱモン〕【今泉今右衛門】

肥前有田の世襲の陶芸家。代々鍋島藩窯の絵付け師を勤めた。12代今右衛門[1897~1975]が色鍋島を復活させて再興。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いまいずみいまえもん【今泉今右衛門】

有田の窯元かまもと、世襲の陶芸家。寛文年間(1661~1673)以来の赤絵付師の家柄。一二代今右衛門(1897~1975)が父一一代とともに色鍋島の技法を復興。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今泉今右衛門
いまいずみいまえもん

佐賀県有田(ありた)町の陶工の家系。江戸時代から現代まで13代ある。今泉家は有田皿山の赤絵町にあって、赤絵専業の家柄であったが、1871年(明治4)に鍋島(なべしま)藩窯が民間に移管されたのち、鍋島焼の再興に力を尽くし、鍋島様式を現代によみがえらせた。とくに12代今右衛門(1897―1975)の色鍋島磁器復活によって、1976年(昭和51)に彼が主宰していた色鍋島技術保存会が、国の重要無形文化財総合指定の認定を受けた。13代(1926―2001)は12代の長男。1975年に12代の死去により襲名。鍋島様式を自家薬籠(やくろう)中のものとなしえて、染付下地の色絵に奥行のある作風を樹立し、89年重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。97年(平成9)10~13代の作品を展示する「財団法人今右衛門古陶磁美術館」を有田町に開館した。[矢部良明]
『『十三代今泉今右衛門作品集』(1998・日本経済新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今泉今右衛門の関連キーワード酒井田柿右衛門有田上絵屋錦手青山幸右衛門呉須権兵衛田代助作久富与次兵衛百武兼貞深海平左衛門

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

今泉今右衛門の関連情報