コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊万里[市] いまり

2件 の用語解説(伊万里[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

伊万里[市]【いまり】

佐賀県西部の市。1954年市制。伊万里湾に臨む中心市街は中世倭寇(わこう)の根拠地。江戸期伊万里焼積出港として栄え,筑肥線,松浦鉄道の開通後は交通要地,佐世保炭田炭鉱都市となった。
→関連項目腰岳

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いまり【伊万里[市]】

佐賀県西部,伊万里湾に面する市。1954年に西松浦郡の伊万里・山代両町,波多津・黒川・二里・東山代・南波多・大川・松浦の7村が合体して市制。人口6万0348(1995)。市域は伊万里湾岸から,唐津湾に注ぐ松浦川水系の内陸部に広がる。中世には伊万里氏,山代氏など松浦(まつら)党諸氏が割拠した。近世に入ると湾奥部は佐賀藩領となり,その中核の伊万里津は,有田皿山など肥前各地の焼物の積出港としてにぎわい,伊万里焼の名称を生み出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊万里[市]の関連キーワード伊万里市伊万里焼伊万里湾伊万里伊万里土益田坂本満次郎松尾広吉柳瀬六次万里長

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone