コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊万里[市] いまり

2件 の用語解説(伊万里[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

伊万里[市]【いまり】

佐賀県西部の市。1954年市制。伊万里湾に臨む中心市街は中世倭寇(わこう)の根拠地。江戸期伊万里焼積出港として栄え,筑肥線,松浦鉄道の開通後は交通要地,佐世保炭田炭鉱都市となった。
→関連項目腰岳

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いまり【伊万里[市]】

佐賀県西部,伊万里湾に面する市。1954年に西松浦郡の伊万里・山代両町,波多津・黒川・二里・東山代・南波多・大川・松浦の7村が合体して市制。人口6万0348(1995)。市域は伊万里湾岸から,唐津湾に注ぐ松浦川水系の内陸部に広がる。中世には伊万里氏,山代氏など松浦(まつら)党諸氏が割拠した。近世に入ると湾奥部は佐賀藩領となり,その中核の伊万里津は,有田皿山など肥前各地の焼物の積出港としてにぎわい,伊万里焼の名称を生み出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

伊万里[市]の関連キーワード佐原健二プリンスセダン AISH-2型小島信夫いわき(市)自衛隊次郎長三国志山の音アルジェリア戦争道路整備計画マン

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone