コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤宗看(2) いとう そうかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤宗看(2) いとう-そうかん

1706-1761 江戸時代中期の将棋棋士。
宝永3年生まれ。享保(きょうほう)8年伊藤家3代となり,9年宗看を名のる。13年23歳で将棋所(どころ)7世名人となる。創作詰め将棋の書「象戯(しょうぎ)図式」は「詰むや詰まざるや百番」といわれ,難解なことで知られる。宝暦11年4月29日死去。56歳。初名は印寿。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊藤宗看(2)の関連キーワードイーブリンカスパルシュリューターカスパルペドロ2世[ポルトガル王]アルバカーキイーブリン清水貞徳関口流錦文流

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone