コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木高行 ささき たかゆき

美術人名辞典の解説

佐々木高行

政治家・土佐藩士。通称弥太郎・松之助・万之助・三四郎、名は高富・高春・信頼。高順の子。土佐吾川郡生。鹿持雅澄・麻田勘七・原伝右衛門に師事。坂本龍馬後藤象二郎等とはかり大政奉還の建議を藩主にすすめ維新表舞台に立つ。維新後は参議兼工部卿・枢密顧問官等を務める。侯爵。著書『保古飛呂佐々木高行日記』がある。明治43年(1910)歿、81才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ささき‐たかゆき【佐々木高行】

[1830~1910]政治家。土佐の人。大政奉還運動に参加。明治維新後、新政府に加わり、岩倉遣外使節団に随行宮中で勢力を有し、日記「保古飛呂比(ほごひろい)」を残した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ささきたかゆき【佐々木高行】

1830‐1910(天保1‐明治43)
明治時代の官僚政治家。初名は高富,高春,通称は三四郎。土佐藩士の家に生まれ,国学を学び,剣術を修めて江戸に遊学,早くから尊王攘夷論に共鳴した。1866年(慶応2)藩命を帯びて筑前太宰府に出張して情勢を視察,翌年は大目付として長崎に出張,坂本竜馬と提携して国事周旋,戊辰戦争がおこると長崎奉行所を支配し,68年(明治1)には長崎府判事となった。70年参議,71年には司法大輔となり岩倉使節団に随行して欧米の司法制度を視察して帰国,征韓論争,西南戦争にも政府内にとどまり,78年の大久保利通死後は元田永孚らとともに天皇親政運動を推進,明治14年の政変(1881)後,参議兼工部卿となり,88年枢密顧問官,また皇太子の御養育之任を務めるなど,宮廷に近侍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ささきたかゆき【佐々木高行】

1830~1910) 幕末・明治期の政治家。土佐藩出身。倒幕運動に参加、維新後は新政府に名をつらね、岩倉使節団に随行して外遊。征韓論・西南戦争に際しても政府内にとどまり、参議兼工部卿、枢密顧問官などを歴任。資料性の高い日記「保古飛呂比ほこびろい」を残す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐々木高行
ささきたかゆき

[生]文政13(1830).11.12. 土佐,瀬戸
[没]1910.3.2. 東京
幕末,明治の政治家。土佐藩士。通称は三四郎。藩の尊攘派上層武士として勤王党とは一線を画しつつ幕末の政局に奔走。慶応3 (1867) 年,後藤象二郎らと藩主に説いて大政奉還を幕府に勧告させた。明治政府に登用されて参与,刑法副知事,刑部大輔と司法畑の重職歴任。明治3 (70) 年参議,翌年司法大輔となり,岩倉遣外使節に随行してヨーロッパ諸国の司法制度を調査。征韓派の板垣退助ら土佐派が下野した際もこれに同調せず,西南戦争の際には土佐の立志社に起った反乱陰謀を弾圧した。天皇の侍補をつとめ,のち,1881年参議兼工部卿。 88年には枢密顧問官となった。侯爵を授けられた。晩年,明宮 (のちの大正天皇) の御教養向主任となった。津田茂著『明治聖上と臣高行』 (1928) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

佐々木高行の関連キーワード竹田宮 昌子民蔵分離問題竹田宮昌子鳥尾小弥太倒幕運動岡内重俊新律綱領元老院刑部省佐々木谷干城外遊

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android