コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

体源鈔 たいげんしょう

大辞林 第三版の解説

たいげんしょう【体源鈔】

室町時代の雅楽書。豊原統秋とよはらむねあき著。一三巻。1512年成る。楽律・調子・楽器・曲目など多方面にわたって記述したもの。笙しように関する記述が特に詳しい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいげんしょう【体源鈔】

音楽書。京都方(京方)楽人豊原統秋(とよはらのむねあき)(1450‐1524)編集。1512年(永正9)成立。ただし第3・10・11巻に永正13年10月24日を最終日付とする加筆7項が認められる。13巻。雅楽全般についてまとめた総合音楽書で,《教訓抄》《続教訓抄》を継ぎ,《楽家録》に影響を与えた。内容は諸本によって繁簡の差があり,順序・構成等必ずしも同じではないが,古典全集本に拠れば豊原氏の家業とする笙の事に始まり,楽律,調子,楽器類,舞楽,歌謡,御遊(ぎよゆう),神楽,管絃作法,稽古(けいこ),上演例,名人,楽家系図等の事が785項に分記されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

体源鈔の関連キーワード室町時代豊原時元

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android