コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

云云 ウンヌン

デジタル大辞泉の解説

うん‐ぬん〔‐ウン〕【××云】

[名](スル)《「うんうん」の連声(れんじょう)
引用した文や語句のあとを省略するときに、以下略の意で、その末尾に添える語。「この件について法的に問題がある云云との指摘があった」
あれこれ批評すること。とやかく言うこと。口をはさむこと。「軽々しく云云すべき事柄ではない」
言うに言われない事柄・事情。
「被告玉との間に、何か―のあったには」〈木下尚江良人の自白
(「…と云々」の形で)…という話である。…ということである。文末を間接話法で結ぶのに用いる語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うんぬん【云云】

( 名 ) スル
〔「うんうん」の連声〕
引用文や語句のあとをぼかしたり省略するときに用いる語。 「『東風吹かば-』の和歌」
あれこれ議論したり批評したりすること。 「結果を-するのはよそう」
詳細をぼかしたり、伏せたりするときに用いる語。 「その後-の事があって別れた」
(「…と云々」の形で)上に述べたことが引用や伝聞であることを示す。…という話だ。…と言う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

云云の関連キーワード云・吽・暈・蘊・運・雲云云かんぬん東風吹かば良人文末事柄然然和歌経学連声語句

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

云云の関連情報