コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

余る アマル

1件 の用語解説(余るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あま・る【余る】

[動ラ五(四)]
多すぎて残りが出る。使いきれずに残る。「―・った小遣いは貯金する」「人手が―・る」
(多く「…にあまる」の形で)
㋐数量などがある基準を超える。「身の丈六尺に―・る大男」「五万人に―・る観客」
㋑程度や力などが、ある程度以上にはなはだしくなる。「勢い―・って転倒する」「目に―・る言動」「身に―・る重責」
割り算で、割り切れないで残りが出る。
いっぱいになってあふれる。
「忍び給へど、御袖より(涙ガ)―・るも、所せうなむ」〈・須磨〉
[用法]あまる・のこる――「余る」はある基準の量を超えて何かがあること。「旅館の支払いが済んでも金が余る」「身に余る光栄」「自分の手に余る難しい問題」「一〇を三で割ると三が立って一が余る」などと用いる。◇「残る」は、なくならないで、まだある場合に用いる。「金が使いきれずに残る」「十分考えたが、まだ疑問が残っている」「一〇から八引くと二残る」◇「御飯のおかずが余った」は、四人の食事に六人分のおかずがあって食べきれなかったというような場合。四人分用意されていたのに、全部は食べきれなかったときは「おかずが残った」となる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

余るの関連情報