コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

余る アマル

デジタル大辞泉の解説

あま・る【余る】

[動ラ五(四)]
多すぎて残りが出る。使いきれずに残る。「―・った小遣いは貯金する」「人手が―・る」
(多く「…にあまる」の形で)
㋐数量などがある基準を超える。「身の丈六尺に―・る大男」「五万人に―・る観客」
㋑程度や力などが、ある程度以上にはなはだしくなる。「勢い―・って転倒する」「目に―・る言動」「身に―・る重責」
割り算で、割り切れないで残りが出る。
いっぱいになってあふれる。
「忍び給へど、御袖より(涙ガ)―・るも、所せうなむ」〈須磨
[用法]あまる・のこる――「余る」はある基準の量を超えて何かがあること。「旅館の支払いが済んでも金が余る」「身に余る光栄」「自分の手に余る難しい問題」「一〇を三で割ると三が立って一が余る」などと用いる。◇「残る」は、なくならないで、まだある場合に用いる。「金が使いきれずに残る」「十分考えたが、まだ疑問が残っている」「一〇から八引くと二残る」◇「御飯のおかずが余った」は、四人の食事に六人分のおかずがあって食べきれなかったというような場合。四人分用意されていたのに、全部は食べきれなかったときは「おかずが残った」となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

余るの関連キーワード尺も短き所あり寸も長き所あり凝っては思案に能わず掃いて捨てるほど手に負えない手に合わない冥加に尽きるふんだんに始末が悪い皓皓・皎皎余す・剰す身に過ぎる冥加も無い木の下露有り余るわんさか冥加無し補償原理思い余る揚水発電だぶつく

余るの関連情報