コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保谷[市] ほうや

百科事典マイペディアの解説

保谷[市]【ほうや】

東京都中部の旧市。1967年市制。2001年1月西隣の田無市と合併して西東京市と改称。武蔵野台地上にあり,かつては練馬ダイコンを特産する畑作散村地帯であった。大正から昭和初めにかけて西武鉄道新宿線・池袋線が通じ,郊外住宅地として発展。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうや【保谷[市]】

東京都中部の市。1967年市制。人口10万0260(1995)。東は練馬区,南は武蔵野市に接する。武蔵野台地上にあって水利に恵まれなかったが,千川(せんがわ)上水の完成により新田開発が進み,みごとな屋敷林の農家が点在する散村地帯となった。大正期末まではおもに麦類,陸稲,練馬ダイコンなどを産したが,昭和に入ると近郊農村の地の利を生かしてトマト,スイカ,サトイモなどの換金作物も導入された。1915年に武蔵野鉄道(現,西武池袋線),27年に西武新宿線が開通して,都心に直結したため,近郊住宅地化が進み,工場や学校も進出した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

保谷[市]の関連キーワード西東京市田無市