コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保険医療 ほけんいりょう

世界大百科事典 第2版の解説

ほけんいりょう【保険医療】

医療保険制度に基づいて行われる医療。1961年に国民皆保険が成立し,日本での医療のほとんどは,医療保険制度により給付され,初期の給付率は,健康保険被保険者本人10割,その家族および国民健康保険5割とされた。73年老人福祉法改正により老人医療無料化,健康保険法改正による被扶養者の7割給付,一定の負担額を超える額を支給する高額療養費支給制度が設けられた。83年2月老人保健法(老人医療)が実施され,従来の老人医療無料制度を廃止し,70歳以上の老人と65歳以上70歳未満のいわゆるねたきり老人は,同法の規定により市町村医療給付の対象とされ,また,新たに定額の一部負担金(外来1月400円,入院1日300円・2ヵ月間限り)を支払うことになり,制度的に若い人と区分された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

保険医療の関連キーワードコミュニティーヘルスワーカーM.S. フェルドスタイン第三分野保険・第3分野保険社会保険診療報酬支払基金中央社会保険医療協議会エッセンシャルドラッグ高額医療費貸付制度診療報酬の不正請求患者紹介ビジネス日歯・日歯連事件社会保険事務局化学物質過敏症療養病床の再編保険医療機関代理店の種別出来高払い制国会同意人事公費負担医療湯沢 三千男医療費通知

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

保険医療の関連情報