琴浦(読み)ことうら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

琴浦
ことうら

岡山県南部,倉敷市の一地区。旧町名。 1956年児島市と合体,さらに 67年児島市の合体により倉敷市の一部となる。児島半島に位置し,田の口,沖熊などの地区が海岸沿いに発達した。西隣の味野とともに古くからの機業地で,学生服や作業服生産の中心地

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

琴浦
ことうら

岡山県南部、倉敷市の一地区。旧琴浦町。田の口港は近世には由加山(ゆがさん)(蓮台寺(れんだいじ)、由加神社本宮)と讃岐(さぬき)(香川県)の金毘羅大権現(こんぴらだいごんげん)を結ぶ港町として繁栄した。また児島(こじま)機業地の一部で、真田紐(さなだひも)、小倉(こくら)帯地の発祥地。現在も縫製業が多い。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

琴浦の関連情報