コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

健康教育 けんこうきょういくhealth education

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

健康教育
けんこうきょういく
health education

健康管理に並んで,人々の健康を保持増進させるために行う活動をいう。世界保健機関 WHOのレポートによれば,健康教育とは狭義には個人,集団,コミュニティーの健康を達成するのに最も役立つような保健知識や態度や行動の発展を目的として,適時,適切な方法によって,人々に経験を与えるために計画された活動を意味する。健康教育は,解決すべき健康上の問題がある場合に,保健活動の教育的な側面としてチームワークにより実施される。実施する場合に重要な点としては,(1) 目的,特に具体的な目標の設定,(2) 対象の決定,(3) 方法や媒体の選定あるいは作成,(4) 教育内容の決定,(5) 実施計画の樹立などである。健康教育という用語は,日本医師会が使いはじめた用語で,学校教育では保健教育という言葉が多く使われている。また衛生教育という言葉は,公衆衛生産業保健の分野で多く使われている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

健康教育

 健康に関する教育.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けんこうきょういく【健康教育】

健康の保持増進に必要な知識,技術,態度などの形成を目的として行われる教育。第2次大戦前は衛生教育という語が使われていたが,戦後は公衆衛生活動の分野ではそのまま衛生教育という語が使われ,学校教育では健康教育という語が使われるようになった。その後文部省はこれに代えて保健教育という語を公式用語として使うようになり,現在学校では保健教育の語が一般的となっている。しかし,これらはいずれも基本的には同義語と考えてよく,健康教育はいずれにも広く一般に使われているのが実情である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

健康教育
けんこうきょういく
health education

現在―将来にわたる健康生活の確立を目標とし、それに必要な科学的認識を深め、健康的な生活行動が実践できる態度・能力を身につけるための教育活動を総称して、健康教育、保健教育という。アメリカでは1919年ころからこのことばが用いられ、第二次世界大戦後に実施された日本の学制改革に伴って、わが国に定着した。文部省(現文部科学省)側では健康教育とよび、厚生省(現厚生労働省)側では衛生教育とよんだ。両者を保健教育という訳語で統一する提案が出された時期もあったが、その後、文部省側が保健教育とよぶようになった。したがって、公衆衛生分野では衛生教育、学校教育分野では保健教育、健康教育ということばが用いられている。[佐藤 裕]

学校における健康教育

わが国では1872年(明治5)から養生法という名称で学校制度のなかに課せられ、教師用書として杉田玄瑞(げんずい)の『健全学』(1867)が用いられた。その後、小学校では理科、家事科のなかで取り扱われ、中学校では博物のなかの生理衛生として取り扱われていたこともある。
 第二次世界大戦後の教育改革では、広義の健康教育は、学校教育の場全体として保健管理とともに学校保健の推進に不可欠な教育活動として位置づけられている。狭義の健康教育は保健指導と保健学習を包括しているが、幼稚園や小学校低学年では習慣形成を目的とする保健指導が中心になり、小学校高学年では保健学習が付加される。さらに、中・高等学校では保健体育科という教科のなかで保健学習が実施され、大学では保健理論として1単位を履習することになっている。とくに保健認識を高めるためには、理科、家庭科、社会科との関連もあり、学習指導要領でも具体的内容領域についてたび重なる改訂が行われてきている。
 教育基本法第1条、教育の目的には、「教育は、人格の完成をめざし、平和的な国家及び社会の形成者として……心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない」とある。これは、健康教育が軍国主義時代の体力づくりのように、単に筋骨隆々となり闘争力や運動適性のある人間を形成するのでなく、個人や社会の健康、幸福、平和を目ざして自己操作できる健全な人間形成をすることを示す。したがって、学校における健康教育は、教科における保健中心の知識の獲得だけでは不十分であり、個人―家庭―学校―社会の関連における発展過程のなかで健康の知識―態度―実践が不離一体となって統合された能力となる必要がある。これらの基礎教育については学校教育に負うところが大きい。[佐藤 裕]

社会における健康教育

1946年にWHO(世界保健機関World Health Organization)が結成され、憲章を宣言している。この骨子には、一国のエゴイズムよりも世界を一つとしてその健康を確立していこうという願いがある。このなかで「健康とは単に疾病や傷害がないというだけにとどまらず、身体的にも精神的にも、また社会的にも安寧な状態をいう」と述べ、「この健康の確立を図ることは、すべての国にとってもっとも大切な義務であり、かつ健康はあらゆる人々にとってその社会的な条件、政治的信条、宗教的区別、人種などの関(かか)わりなく達成されなければならない生まれながらの権利である」と述べている。これは、基本的人権としての健康は他から与えられるものでなく、自らかちとるものであり、そのための行動を支えるさまざまな条件が国家的責任において整備されるべきものであることを示す。また健康を生活概念としてとらえた点に特徴がある。しかし、健康の成立を病因、宿主、環境という三つの条件から単純に解釈し、WHOの健康の定義を「単に健康を病気でない状態」としてだけとらえる考え方は修正されるべきで、むしろ、主体、環境、生活行動の三つの条件から考え、これら三つの動的な相互関係として、健康を考えるほうが進歩的である。
 したがって、過去と現在の状態を踏まえ、変化する主体や環境の条件や相互関係を的確にとらえて、よい状態をつくりだしていく積極的態度が必要であり、このことにより健康的な生活行動が確立されていく。生理的な立場から人間の特性を考えると、(1)開放系としての存在である、(2)閉鎖循環系機能をもつ、(3)適応制御系として成立する、(4)有機系で全体性に貫かれている、(5)死に至る存在である、ことがあげられる。これらの基盤にたって人間の健康をただ個別な条件としてだけ考えるのでなく、社会的存在を前提として人体の認識が成立し、そのうえで生体機能を考えることが妥当である。しかもそれは発育、発達、成長、老化を踏まえた一連の過程における健康を考え、さらにそうした習慣、態度をどのように教育によって構成していくかが切実に問われなければならない。
 人間を疾病の側面から眺め研究した学問が医学であるのに対し、健康の側面から眺め研究した学問が衛生学である。また衛生学を人間を取り巻く外側から考究するのが環境衛生学とすれば、内側から考究するのが教育衛生学であり、教育学そのものを衛生学の範疇(はんちゅう)で考え健康教育を効果的に作用させるという生涯教育的な発想もある。[佐藤 裕]
『小泉明・田中恒男編著『人間と健康』(1971・大修館書店) ▽佐守信男著『人間の歴史的自然』(1965・六月社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の健康教育の言及

【医療】より

…〈自助と自決の精神にのっとり,地域社会,または国が,開発の程度に応じて負担できる費用の範囲内で,地域社会の個人または家族の十分な参加によって,彼らがあまねく利用できる,実用的で科学的に適正で,かつ社会的に受け入れられる方法と技術に基づいた,必須の保健ケアのことである〉と。〈自助と自決〉は,健康教育の重要性とともに,医療の役割を,病気の技術的操作から,援助・助言に基礎を置くことを要求する。〈開発の程度に応じて〉とは,医療を異常事態を中心にして展開することから,日常的現実性を基礎にすべきことを訴えている。…

【学校保健】より

…学校で子どもの健康を保護し,同時に現在と将来において健康を獲得していく能力を育てるために営まれる諸活動の総称。これらの活動には,健康診断,環境衛生,応急処置などといった主として子どもたちの健康の保持を目的とする健康管理活動と,保健指導や保健学習といった健康についての認識や実践力を育てることを主要なねらいとする健康教育活動があり,その全活動を通して健康に生活していく能力の発達が図られる。 学校保健という語は第2次大戦後に使われ始めた言葉であるが,この種の活動は戦前からあり,学校衛生とよばれていた。…

【看護】より

…これらは,患者のその時,その場の健康レベルや自立の度合に応じて,さまざまに組み合わされて看護婦の援助行為となって患者・家族・地域社会に対して働きかけられている。 健康のレベルは,健康の保持・増進においては〈健康教育〉を通して人々の健康への関心を高め,態度の変容を働きかける。健康の危険においては,病気ではないかとの懸念や不安を軽減し,早い時機に相談行動や受診行動を起こせるよう働きかける。…

※「健康教育」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

健康教育の関連キーワード全国体力運動能力、運動習慣等調査ベーシック・ヒューマン・ニーズコモン・コーズ世界女性会議母子健康手帳老人保健法順天堂大学母子保健養護教諭介入研究保健事業予防医学SSDS老人福祉健康教室絶対貧困健康相談僻地教育保健学学校病

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

健康教育の関連情報