コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

備後絣 ビンゴガスリ

3件 の用語解説(備後絣の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

びんご‐がすり【備後×絣】

広島県福山市および府中市付近で織られる、黒っぽい紺色を特徴とする木綿絣。文久絣。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

びんごがすり【備後絣】

広島県福山地方で生産される小幅木綿絣。1853年(嘉永6)富田久三郎が竹の皮巻で防染する井桁絣を織ったことに始まる。文久絣,唐糸絣,有地(あるじ)絣,谷迫(たんざこ)絣などと呼ばれてきたが,明治初年に備後絣と称するようになった。平織の紺地で久留米絣の技法をとり入れ絵絣もつくられる。絣括り機を発明し,1960年からは力織機で織るようになり,330万反の日本最大の絣産地に発展したが,以後需要減から1975年には50万反と減少している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

備後絣
びんごかすり

広島県福山市、府中市の一帯に産する木綿絣。1853年(嘉永6)富田久三郎によって、竹の皮巻で防染する絣糸の製法が考案され、井桁(いげた)絣が製作された。その後、輸入の紡績糸を使い、唐糸(からいと)絣、有地(ありじ)絣、谷迫(たにせこ)絣、また文久(ぶんきゅう)絣と称して商品化された。明治初年、新しく備後絣の名で大阪へ出荷、明治末には年産44万反までに達した。1891年(明治24)には、機械括(くく)りが発明され、また久留米(くるめ)絣の技法を導入して、絵絣も生産された。染色は天然藍(あい)であったが、1920年代からは化学染料を用い、35年からは力織機を使用するなど、機械化・合理化を進め、日本最大の絣生産地となった。絣は紺地に経緯(たてよこ)絣で、簡単な幾何文から絵絣まで織り出しているが、色絣もある。もとは木綿絣で農家の普段着、作業衣となったが、需要の減少とともに、業者の多くはウール・絹織物に転じている。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

備後絣の関連情報