コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先天性喘鳴(先天性喉頭喘鳴) せんてんせいぜんめいせんてんせいこうとうぜんめい Congenital Stridor

1件 の用語解説(先天性喘鳴(先天性喉頭喘鳴)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

せんてんせいぜんめいせんてんせいこうとうぜんめい【先天性喘鳴(先天性喉頭喘鳴) Congenital Stridor】

[どんな病気か]
 乳児や子どもの気道(きどう)(空気の通り道)は、おとなに比べると狭く、やわらかいので、とくに狭い部分があると、そこを空気が通過するときに乱気流が生じて、呼吸のたびに「ヒューヒュー」「ゼーゼー」「ピーピー」といった音が出ます。この音を喘鳴(ぜんめい)といいます。喘鳴が、生まれてすぐか、生後間もなく出てくる場合を、先天性喘鳴といいます。
[原因]
 先天性喘鳴は、症状につけられた名称で、空気の通り道を狭くする病気すべてが原因になります。
 喘鳴があるときは検査をして、原因となっている病気を知ることがたいせつです。原因となる病気には、つぎのようなものがあります。
 喉頭軟弱症(こうとうなんじゃくしょう) 「喉頭軟弱症」。
 声帯(せいたい)まひ 声帯の動きが悪い。
 舌根嚢胞(ぜっこんのうほう) 粘液(ねんえき)のたまった袋状の腫瘤(しゅりゅう)(こぶのような腫(は)れもの)が舌根部(ぜっこんぶ)にできる。
 声門下血管腫(せいもんかけっかんしゅ) 声帯の下に血管腫ができる。
 喉頭横隔膜症(こうとうおうかくまくしょう) 声帯の間に鳥の水かきのような膜がある。
 声門下狭窄(せいもんかきょうさく) 声帯の下の部分が狭い。
[治療]
 頸部(けいぶ)のX線検査と、鼻から入れる喉頭ファイバースコープ検査を行ない、原因となっている病気を明らかにします。
 原因となる病気によって治療が異なります。
 成長とともに自然によくなる病気もありますが、緊急に対処しなければならない病気もあります。喘鳴は命にかかわる症状でもあるので、小児科耳鼻咽喉科(じびいんこうか)の両方を受診しましょう。
 その際、哺乳(ほにゅう)で標準の量を口から飲めているか、体重が増加しているか、喘鳴だけでなく、息を吸うときに陥没呼吸(かんぼつこきゅう)(呼吸をするときにのどや胸がへこむ)がないか、泣き声が弱くないか、声がれがないかを観察し、医師に報告しましょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

先天性喘鳴(先天性喉頭喘鳴)の関連キーワード乳児院こどもの日スピリ何心地不死身下気道乳児死亡率子ども手当と配偶者控除子どもの戦争被害国連子どもの権利条約

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone