コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光悦寺 コウエツジ

世界大百科事典 第2版の解説

こうえつじ【光悦寺】

京都市北区にある日蓮宗の寺。山号は大虚山。本阿弥光悦は,1615年(元和1)徳川家康から洛北鷹峰に土地を賜って,一族や下職人らとともに,ここで新しい町づくりを始めた。光悦の芸術村,また法華の町ともいわれる鷹峰光悦町がこれである。光悦はここの大虚庵という草庵で,あるいは茶の湯や茶碗づくりにふけり,あるいは庵のほとりに法華の題目堂を建てて熱心な日蓮宗の信仰にひたって,その晩年を送った。この題目堂がやがて光悦一族の菩提寺となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうえつじ【光悦寺】

京都市北区鷹ヶ峰にある日蓮宗の寺。1615年、徳川家康からこの地を拝領した本阿弥光悦が位牌いはい所を設けたのが起こりで、のち日慈を開山として寺とした。境内に多くの茶室がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

光悦寺
こうえつじ

京都市北区鷹峯(たかがみね)光悦町にある日蓮(にちれん)宗の寺。大虚山(たいぎょざん)と号する。初め本阿弥(ほんあみ)光悦一族の位牌(いはい)所であったが、のちに本法寺12世の日慈(にちじ)を招いて寺堂とした。この地域は1615年(元和1)に光悦が徳川家康から拝領した所で、別に常照寺、知足庵(ちそくあん)(廃絶)、妙秀寺(明治の初めに光悦寺に吸収)の日蓮宗寺院があった。境内には光悦が晩年を過ごした大虚庵(たいきょあん)(1915年再建)があり、その前の垣根は光悦垣、臥牛(ねうし)垣といわれる独特のものである。茶席三巴亭(さんはてい)の光悦堂には光悦像が安置されるほか、光悦とその子光瑳(こうさ)の墓、そのほか光悦の遺品多数が伝えられる。毎年11月11~13日には光悦大茶会が開かれる。[菅沼 晃]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

光悦寺の関連キーワード光悦寺垣鷹ヶ峰光悦会菅沼再遊

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

光悦寺の関連情報