コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兌換券 だかんけん convertible note

5件 の用語解説(兌換券の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

兌換券
だかんけん
convertible note

正貨との兌換が保証されている銀行券 (兌換銀行券) 。学者によっては兌換政府紙幣も含めているが,歴史上その例はきわめて少いため,一般に兌換券は兌換銀行券を意味する。兌換銀行券は金本位制度下の各国中央銀行によって発行されたもので,金との自由兌換が保証されていることによって金に代って流通し,またこれによって金本位制度の機能も維持された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だかん‐けん〔ダクワン‐〕【×兌換券】

兌換銀行券」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

兌換券【だかんけん】

いつでも要求しだい券面に記載された金貨などの正貨と交換できるよう保証された銀行券または紙幣。兌換が停止されると不換紙幣になる。本位制度の停止している現在では銀行券はすべて不換紙幣である。
→関連項目貨幣

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

だかんけん【兌換券 convertible bank note】

本位貨幣(または正貨)との兌換が保証されている銀行券,正しくは兌換銀行券といい,兌換が停止された不換銀行券に対立する用語。政府紙幣も金貨兌換の約束で発行された場合もあったが,結果的に兌換が行われた場合はきわめて少なく,兌換券には政府紙幣を含めないのが通説である。兌換銀行券は金貨本位制下の中央銀行によって発行され,金貨との自由兌換が保証されることによって金貨に代わって流通し,金貨本位制の機能を維持していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

兌換券
だかんけん
convertible banknote英語
einlsliche Banknoteドイツ語

本位貨幣(または正貨)との兌換が保証されている銀行券のことで、正式には兌換銀行券という。兌換の約束のない不換銀行券に対比される。銀行券は本来、兌換券であり、その保有者に対して、要求ありしだい額面の貨幣を支払うという銀行の債務証書である。これが流通するようになったことから信用貨幣ともいわれる。発行銀行は、兌換準備金を保有しなければならないが、信用創造によって兌換準備以上の銀行券を発行することができる。しかし、兌換券は、兌換によってその紙幣価値が一定されており、商品取引や債務の決済の必要によってその流通も規制されているので、銀行が任意に発券を拡張することはできない。かつてはどの銀行も兌換券を発行していたが、券面金額の統一化、小額化とともに、中央銀行による発券の集中・独占化、および中央銀行券への法貨資格の付与によって、兌換券は中央銀行券に統一され、いわば現金化するに至った。日本銀行券は、1885年(明治18)の発行開始から1931年(昭和6)まで兌換券であり、当初は銀貨兌換、1897年以降は金貨兌換であった(ただし、第一次世界大戦の影響で1917年(大正6)9月から30年1月までは金本位制が停止され、金貨兌換は行われなかった)。[齊藤 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の兌換券の言及

【本位貨幣】より

…また同法3条によって20円,10円,5円の3種類の金貨が鋳造されたが,1931年金本位制が停止されて以来,金貨の発行は行われていない。金貨は日常の支払手段として使うには不便であり,しかも流通過程で摩損するので,国家は金貨と兌換(だかん)できる銀行券(兌換券)を中央銀行に発行させることによって,金本位制のシステムを維持していた。金本位制のなかでも,金貨ないし兌換券が流通する金貨本位制下における金貨が最も典型的な本位貨幣であるが,金貨が流通していない金地金本位制や金為替本位制においても,金が価値尺度機能を営んでいる以上,中央銀行保有の金貨は本位貨幣であるといえる。…

※「兌換券」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

兌換券の関連キーワード金貨本位制度金地金本位制度正貨正貨準備単本位制度不換紙幣本位制度金貨本位制兌換紙幣本位貨

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

兌換券の関連情報