コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

免疫不全症 めんえきふぜんしょうimmune deficiency disease

3件 の用語解説(免疫不全症の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

免疫不全症
めんえきふぜんしょう
immune deficiency disease

免疫機構の異常によって起る疾患で,原発性のものと,2次的なものとがある。原発性の免疫不全症は,免疫機能を営む組織の先天的な成熟障害であり,胸腺由来リンパ球を中心とした細胞性免疫の障害と,骨髄由来リンパ球を中心とする体液性免疫機能障害とがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

免疫不全症【めんえきふぜんしょう】

生体の防御機構である免疫機構が,なんらかの原因により障害され,有効に機能しなくなった状態。原発性(先天性)と続発性(後天性)とがある。前者は遺伝的原因によるものが大部分で,後者は副腎皮質ホルモン剤や免疫抑制薬の投与,感染症,白血病再生不良性貧血悪性腫瘍などが原因となる。
→関連項目移植片対宿主反応病骨髄移植骨髄バンク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

めんえきふぜんしょう【免疫不全症 immunodeficiency disease】

生体の防御機構である免疫機構が,なんらかの原因によって障害されている状態を免疫不全といい,これによって起こる疾患を免疫不全症という。免疫機構自体の障害によって起こる原発性免疫不全症と,外因や免疫系以外の基礎疾患が原因となって起こる続発性免疫不全症に大別される。前者は遺伝的原因によるものが大部分を占め,後者は副腎皮質ホルモン免疫抑制剤の投与,感染症,悪性腫瘍などが原因となる。免疫不全症は免疫機構のどこが侵されるかによって,多様な状態を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

免疫不全症の関連情報