コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

免疫不全症 めんえきふぜんしょうimmune deficiency disease

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

免疫不全症
めんえきふぜんしょう
immune deficiency disease

免疫機構の異常によって起る疾患で,原発性のものと,2次的なものとがある。原発性の免疫不全症は,免疫機能を営む組織の先天的な成熟障害であり,胸腺由来リンパ球を中心とした細胞性免疫の障害と,骨髄由来リンパ球を中心とする体液性免疫機能障害とがある。2次的免疫不全症は,成熟した免疫機能を営むリンパ系組織に病変が波及するために起るもので,ヒト免疫不全症ウイルス (HIV) によるエイズ (AIDS) や,悪性リンパ腫リンパ節が破壊される場合,放射線照射によるリンパ系組織の機能障害などの場合がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

免疫不全症【めんえきふぜんしょう】

生体の防御機構である免疫機構が,なんらかの原因により障害され,有効に機能しなくなった状態。原発性(先天性)と続発性(後天性)とがある。前者は遺伝的原因によるものが大部分で,後者は副腎皮質ホルモン剤や免疫抑制薬の投与,感染症,白血病や再生不良性貧血,悪性腫瘍などが原因となる。
→関連項目移植片対宿主反応病骨髄移植骨髄バンク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

めんえきふぜんしょう【免疫不全症 immunodeficiency disease】

生体の防御機構である免疫機構が,なんらかの原因によって障害されている状態を免疫不全といい,これによって起こる疾患を免疫不全症という。免疫機構自体の障害によって起こる原発性免疫不全症と,外因や免疫系以外の基礎疾患が原因となって起こる続発性免疫不全症に大別される。前者は遺伝的原因によるものが大部分を占め,後者は副腎皮質ホルモンや免疫抑制剤の投与,感染症,悪性腫瘍などが原因となる。免疫不全症は免疫機構のどこが侵されるかによって,多様な状態を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

免疫不全症の関連キーワード原因が明らかな難治性下痢症の例アデノシンデアミナーゼヒト免疫不全ウイルス病原発性免疫不全症候群ガンマグロブリン療法後天性免疫不全症候群ヒト免疫不全ウイルス先天性免疫不全症候群子どもの白血球減少症リュック モンタニエエイズ(AIDS)HIV感染とエイズ後天性免疫不全症先天性免疫不全症無γグロブリン血インターロイキンアジドチミジンC型肝炎検査薬免疫不全症候群造血幹細胞移植

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

免疫不全症の関連情報