コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

免疫不全症(読み)めんえきふぜんしょう(英語表記)immune deficiency disease

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

免疫不全症
めんえきふぜんしょう
immune deficiency disease

免疫機構の異常によって起る疾患で,原発性のものと,2次的なものとがある。原発性の免疫不全症は,免疫機能を営む組織の先天的な成熟障害であり,胸腺由来リンパ球を中心とした細胞性免疫の障害と,骨髄由来リンパ球を中心とする体液性免疫機能障害とがある。2次的免疫不全症は,成熟した免疫機能を営むリンパ系組織に病変が波及するために起るもので,ヒト免疫不全症ウイルス (HIV) によるエイズ (AIDS) や,悪性リンパ腫リンパ節が破壊される場合,放射線照射によるリンパ系組織の機能障害などの場合がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

免疫不全症【めんえきふぜんしょう】

生体の防御機構である免疫機構が,なんらかの原因により障害され,有効に機能しなくなった状態。原発性(先天性)と続発性(後天性)とがある。前者は遺伝的原因によるものが大部分で,後者は副腎皮質ホルモン剤や免疫抑制薬の投与,感染症,白血病や再生不良性貧血,悪性腫瘍などが原因となる。エイズは後者の例。
→関連項目移植片対宿主反応病骨髄移植骨髄バンク

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

めんえきふぜんしょう【免疫不全症 immunodeficiency disease】

生体の防御機構である免疫機構が,なんらかの原因によって障害されている状態を免疫不全といい,これによって起こる疾患を免疫不全症という。免疫機構自体の障害によって起こる原発性免疫不全症と,外因や免疫系以外の基礎疾患が原因となって起こる続発性免疫不全症に大別される。前者は遺伝的原因によるものが大部分を占め,後者は副腎皮質ホルモンや免疫抑制剤の投与,感染症,悪性腫瘍などが原因となる。免疫不全症は免疫機構のどこが侵されるかによって,多様な状態を示す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報