コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川内平野 せんだいへいや

5件 の用語解説(川内平野の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川内平野
せんだいへいや

鹿児島県北西部,川内川下流沿岸にある盆地状の平野。別称川内盆地。周囲をおもに新第三紀安山岩類からなる山地で取り囲まれた平野で,沖積低地は比較的狭い。東シナ海に面した河口の両岸には久見崎,京泊の砂丘がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せんだい‐へいや【川内平野】

鹿児島県北西部、川内川下流域に広がる沖積平野。比較的低い山地で囲まれた低平地で、周辺の山麓にはシラス台地が発達している。薩摩(さつま)川内市を中心に盆地状を示す。低平地には水田地帯が広く分布する。国指定史跡薩摩国分寺跡のほか条里制遺構なども見られる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せんだいへいや【川内平野】

鹿児島県北西部の平野。ほぼ川内市域にあたり,古い火山岩シラスの台地や丘陵に囲まれて東西方向に細長い。川内川とその支流高城(たき)川,隈之城(くまのじよう)川,平佐川が流れこみ,その合流点や本流の屈曲部は標高5m以下の低地をなし,たびたび洪水の被害を受けてきた。平野は県の主要米作地帯であり,とくに高江地区の水田は藩政時代に干拓され,長崎堤防の築造で生まれた美田である。古く薩摩国府国分寺が置かれた地で,渡河点の宿駅から発展した川内市は現在の県北西部の中心都市となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕川内平野(せんだいへいや)


鹿児島県北西部の平野。川内川下流域に位置する。周囲を低い台地が囲み東西に細長く延びる盆地状の平野。川内川流域は標高約5mと低く、かつては水害の常襲地帯。台地の麓(ふもと)では畑作・酪農、平野の中央部は水田耕作が盛ん。川内川河口には火力発電所原子力発電所が立地。川内盆地とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川内平野
せんだいへいや

鹿児島県西部の川内川下流域に位置する沖積平野。薩摩(さつま)川内市が占める。周囲を比較的低い山地に囲まれ、盆地状の低平地であって、中心部に薩摩川内市街地が形成されている。周辺山地はおもに第三紀の安山岩類(輝石(きせき)安山岩、角閃石(かくせんせき)安山岩など)からなるが、それら縁辺には開析の進んだシラス台地もみられる。川内川河口の両岸にはごく一部に古生層の山塊がある。盆地底にあたる部分は地盤高度が低く、周囲の山地から流入する小支流も多いため水害常襲地となっていた。市外地には水田が広く分布する。開発の歴史は古く、薩摩国分寺跡(国指定史跡)や条里制遺構などもある。現在、上流の鶴田ダム、河口右岸の火力発電所や左岸の原子力発電所などによる電力供給の拠点ともなっている。[塚田公彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川内平野の関連キーワード鹿児島県薩摩川内市天辰町鹿児島県薩摩川内市上川内町鹿児島県薩摩川内市里町里川内〈市〉鹿児島県薩摩川内市田崎町鹿児島県薩摩川内市中郷鹿児島県薩摩川内市永利町鹿児島県薩摩川内市港町鹿児島県薩摩川内市宮内町鹿児島県薩摩川内市若葉町