コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藺牟田池 いむたいけ

6件 の用語解説(藺牟田池の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藺牟田池
いむたいけ

鹿児島県北西部,薩摩川内市にある藺牟田火山の火口湖。面積 0.42km2,水面標高 295m,最大水深 3m。湖の中には大小約 300の浮島(泥炭形成植物群落)が浮遊し,国の天然記念物に指定されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いむた‐いけ〔ゐむた‐〕【藺牟田池】

鹿児島県薩摩川内(さつませんだい)市にある火口湖。周囲を450~500メートルの火山群に囲まれた標高295メートルに位置する。面積0.4平方キロメートル、周囲2.6キロメートル、最大深度3.5メートルのほぼ円形状を示す。ベッコウトンボの生息地保護区、また、泥炭形成植物群落が国の天然記念物に指定。平成17年(2005)ラムサール条約に登録された。藺牟田湖。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

藺牟田池【いむたいけ】

鹿児島県薩摩郡祁答院(けどういん)町(現・薩摩川内市)にある藺牟田火山の火口湖。水面標高295m,周囲2.6km,最深3.5m。湖岸に泥炭形成植物群落(天然記念物)があり,増水時にはこの泥炭層が浮島になる。
→関連項目祁答院[町]ラムサール条約

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いむたいけ【藺牟田池】

鹿児島県薩摩半島北部,祁答院(けどういん)町にある火山性湖。標高295mで,まわりを数個の小火山が取りまいている。周囲2.6km,最大水深3.5m。湿地性植物の群落が浅い水中に密生して泥炭をつくっているので有名である。泥炭の厚さは時には1m以上に達し,減水時は底に固定されているが増水時には浮いて漂う。これが浮島で,泥炭形成植物群落は天然記念物になっている。またジュンサイやヒシもとれる。湖岸には桜並木やアジサイの群落があり,公共の宿泊設備やキャンプ場もあって,藺牟田池県立自然公園に指定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕藺牟田池(いむたいけ)


鹿児島県西部、薩摩川内(さつませんだい)市南東部にある藺牟田火山による火山性の湖沼。標高500m級の火山群に囲まれる。面積0.63km2。西部は湿原化し、浮き島が点在。泥炭形成植物群落は国の天然記念物に指定。2005年(平成17)、ラムサール条約登録湿地となった。キャンプ場・釣り場があり、付近に藺牟田温泉などの温泉場がある。藺牟田池県立自然公園の中心。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藺牟田池
いむたいけ

鹿児島県薩摩川内(さつませんだい)市祁答院(けどういん)町藺牟田にある藺牟田火山の火口湖。片城(かたしろ)山、山王岳、舟見岳、飯盛(いいもり)山など標高500メートル前後の山に取り囲まれている。面積約0.6平方キロメートル、水面標高295メートル、直径約1キロメートルでほぼ円型の湖盆である。最大水深は約3.5メートルであるが、その西側3分の1は、ヨシ、ネビキグサ(アンペライ)などの泥炭形成植物により湿原化し、随所に浮島もみられる。水面にはジュンサイ類が漂い、水色は褐色で腐植栄養型の湖沼に分類される。泥炭形成植物群落は国指定天然記念物。またこの付近一帯は県立自然公園地区となっている。近くにはひなびた藺牟田温泉もあり、西岸には鹿児島勤労者いこいの村が設けられている。JR川内駅からバスの便がある。なお、藺牟田池は2005年(平成17)に、ラムサール条約登録湿地となった。[塚田公彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藺牟田池の関連情報