八人芸(読み)ハチニンゲイ

世界大百科事典 第2版の解説

はちにんげい【八人芸】

雑芸の一種で,1人で8人分の芸を見せるという江戸時代曲芸。〈八人座頭(ざとう)〉ともいう。《守貞漫稿》には〈八人座頭〉として〈万沖中駿州阿部川辺座頭,名は酒楽と云もの江戸に来り(中略)紙帳中に一身八色の鳴器を合奏す〉とあり,おもに座頭が1人で数種の楽器を演奏し,それを複数の人の合奏と感じさせるものであった。これには姿を見せて演じるものと,姿を隠して演じるものとがあった。見世物小屋や寄席の人気芸とされ,十二人芸,十五人芸,十八人芸などに発展したが,明治に入って衰退した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八人芸
はちにんげい

寄席(よせ)演芸の一種。1人で8種類の楽器を合奏したり歌ったりする芸。声色(こわいろ)も演じた。演者の多くは座頭(ざとう)で、八人座頭ともいった。のちに十二人芸、十五人芸、十八人芸も生まれた。万治(まんじ)(1658~61)の酒楽が創始者で、花落、玄水を経て天明(てんめい)(1781~89)のころ川島歌命(かめい)が出た。その門下の歌遊は名人といわれ、同系統の歌暁、歌柳、柳枝らは川島流として知られた。ほかには観楽、花房夫山(はなぶさふざん)が有名であり、牛島登山(うしじまとざん)は牛島流八人芸といわれた。幕末から明治にかけて豊島寿鶴斎(じゅかくさい)、西国坊明楽(さいこくぼうめいらく)が東西で活躍した。[関山和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の八人芸の言及

【大衆演芸】より

…それを百面相というが,今日では,まったく衰退してしまい,ときどき噺家が落語のあとに余興として演ずることがある程度となった。〈八人芸(はちにんげい)〉というものもあった。これは一人で8人前の芸をするということから出た名称であるが,のちには十二人芸,十五人芸,十八人芸もあらわれた。…

※「八人芸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android