八戸[市](読み)はちのへ

百科事典マイペディアの解説

八戸[市]【はちのへ】

青森県南東部,太平洋に面する市。南端は岩手県に接する。1929年市制。馬淵(まべち)川下流部の市街は南部氏が盛岡に移るまでその城下町として発達,江戸時代は2万石の城下であった。2002年に東北新幹線が通じ,八戸線・青い森鉄道が分岐,八戸自動車道が通じる交通の要地をなす。水産・工業都市で,三陸沖の漁場をひかえ,漁港も整備され,缶詰など水産加工が盛ん。1963年新産業都市となり,鉄鋼・化学・セメント工業が立地。製造品出荷額は4213億円(2003)で,県全体の35%を占めている。蕪(かぶ)島種差(たねさし)海岸の観光地がある。2005年3月三戸南郷村を編入。東日本大震災で,市内において被害が発生。305.54km2。23万7615人(2010)。
→関連項目下田[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はちのへ【八戸[市]】

青森県南東部の市。1929年市制。人口24万2654(1995)。市域を馬淵(まべち)川と新井田(にいだ)川が貫流して太平洋に注ぐ。市街地は河口付近の沖積地とこれに接する段丘上に発達する。西部を東北本線が通り,八戸駅で分岐した八戸線が海岸部を走り,岩手県久慈市に通じる。1989年には八戸自動車道が開通した。是川遺跡(史)をはじめ縄文時代の遺跡遺物が多く発見されている。鎌倉時代に源頼朝が奥州藤原氏を討ったとき,甲斐国南部荘の逸見三郎光行がそのにより,糠部(ぬかのぶ)郡を与えられたと伝える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる