コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八東 はっとう

2件 の用語解説(八東の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八東
はっとう

鳥取県東部,八頭町南西部の旧町域。千代川の支流八東川の中流域にある。 1959年八頭村と丹比村が合体して町制。 2005年郡家町,船岡町と合体して八頭町となった。北西部の安井宿は若桜街道の宿場町として繁栄。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八東
はっとう

鳥取県東部、八頭(やず)郡にあった旧町名(八東町(ちょう))。現在は八頭町の東部から南部を占める地域。旧八東町は1959年(昭和34)丹比(たんぴ)、八頭の2村が合併して町制施行。2005年(平成17)3月郡家(こおげ)町、船岡(ふなおか)町と合併し、八頭町となる。若桜(わかさ)鉄道が通る。安井(やすい)地区は「右いせ道」の道標が残る播州(ばんしゅう)街道の旧宿場で、国道29号が通じる。八東川南岸の支谷上流には旧木地師(きじし)や落人(おちゅうど)の集落がある。東(ひがし)地区は1739年(元文4)に起きた元文大一揆(げんぶんだいいっき)(因伯(いんぱく)一揆)の発祥地で、一揆の首領東村勘右衛門(ひがしむらかんえもん)之碑がある。中世の若桜城主で、江戸時代は大庄屋(おおじょうや)であった矢部家住宅(17世紀初期)は国指定重要文化財。県の天然記念物清徳寺(せいとくじ)巨樹名木群(カゴ、モチなど)などのほか、平安末期の祈祷修験道(きとうしゅげんどう)の寺を物語る新興寺文書などがある。米作やネギ、シイタケ栽培のほか、ナシ、カキ、リンゴ、ブドウなど果樹栽培が盛んである。[岩永 實]
『『八東町史』(1979・八東町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八東の関連キーワード鳥取県八頭郡八頭町島鳥取県八頭郡八頭町徳丸鳥取県八頭郡八頭町中鳥取県八頭郡八頭町花鳥取県八頭郡八頭町東鳥取県八頭郡八頭町姫路鳥取県八頭郡八頭町南鳥取県八頭郡智頭町南方鳥取県八頭郡鳥取県八頭郡八頭町用呂

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

八東の関連情報