八東(読み)はっとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八東
はっとう

鳥取県東部,八頭町南西部の旧町域。千代川の支流八東川の中流域にある。 1959年八頭村と丹比村が合体して町制。 2005年郡家町,船岡町と合体して八頭町となった。北西部の安井宿は若桜街道宿場町として繁栄。細見・清滝支谷にはかつての木地屋の集落がある。矢部家住宅は重要文化財。御所柿,二十世紀梨などの果樹を産する。一部は氷ノ山後山那岐山国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八東
はっとう

鳥取県東部、八頭(やず)郡にあった旧町名(八東町(ちょう))。現在は八頭町の東部から南部を占める地域。旧八東町は1959年(昭和34)丹比(たんぴ)、八頭の2村が合併して町制施行。2005年(平成17)3月郡家(こおげ)町、船岡(ふなおか)町と合併し、八頭町となる。若桜(わかさ)鉄道が通る。安井(やすい)地区は「右いせ道」の道標が残る播州(ばんしゅう)街道の旧宿場で、国道29号が通じる。八東川南岸の支谷上流には旧木地師(きじし)や落人(おちゅうど)の集落がある。東(ひがし)地区は1739年(元文4)に起きた元文大一揆(げんぶんだいいっき)(因伯(いんぱく)一揆)の発祥地で、一揆の首領東村勘右衛門(ひがしむらかんえもん)之碑がある。中世の若桜城主で、江戸時代は大庄屋(おおじょうや)であった矢部家住宅(17世紀初期)は国指定重要文化財。県の天然記念物清徳寺(せいとくじ)巨樹名木群(カゴ、モチなど)などのほか、平安末期の祈祷修験道(きとうしゅげんどう)の寺を物語る新興寺文書などがある。米作やネギ、シイタケ栽培のほか、ナシ、カキ、リンゴ、ブドウなど果樹栽培が盛んである。[岩永 實]
『『八東町史』(1979・八東町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八東の関連情報