滝山城跡(読み)たきやまじょうあと

国指定史跡ガイド「滝山城跡」の解説

たきやまじょうあと【滝山城跡】


東京都八王子市高月町にある城跡。市の北部を流れる多摩川秋川の合流地点の南、標高約160mの加住(かすみ)丘陵に位置する。北東側は急崖となって多摩川に面し、起伏の激しい広大な丘陵の地形を利用し、本丸・中の丸・二の丸・三の丸・千畳敷・小宮曲輪(くるわ)・空堀・虎口・馬出しなどが巧みに配されている。1521年(永正18)に山内上杉氏の重臣、大石定重が築城したと伝え、後北条氏が勢力を伸ばしてくると、その子定久が北条氏照(うじてる)を養子とし、氏照が1558年(永禄1)ごろ城の大改修を行った。1569年(永禄12)、小田原に向かう武田信玄の大軍に攻められたとき、廿里(とどり)で迎撃したが一蹴され、城は落城寸前にまで追い込まれた。1584年(天正12)ごろ、南からの攻撃に対する防御体制が不十分として、より堅固な八王子城に移ったとされる。1951年(昭和26)に国の史跡に指定され、城跡の大部分は滝山自然公園として整備されている。JR中央本線ほか八王子駅から西東京バス「滝山城址下」下車、徒歩約15分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android