コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八窓席 はっそうのせき

2件 の用語解説(八窓席の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

八窓席【はっそうのせき】

京都市南禅寺の塔頭金地院にある茶室。小堀遠州作といわれる三畳台目の席で,躙口(にじりぐち)は隣の小書院の縁側に開き,客は露地から縁側に上がり,茶室に入る。八窓の名があるが,窓は六つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はっそうのせき【八窓席】

京都南禅寺塔頭(たつちゆう)金地(こんち)院にある茶室。金地院崇伝(こんちいんすうでん)の依頼をうけた小堀遠州の指図で,1628年(寛永5)ころには完成していたことが《本光国師日記》の記事から推測される。内部は3畳台目。床と点前座が並んで配置され,これと向かい合って躙口(にじりぐち)が正面にあけられ,外に縁を付し,縁から躙口を入る形式がとられている。2方の壁面に大きい窓をとり,墨跡窓のほか,中柱袖壁にも下地(したじ)窓をあけているが,これらを合わせて窓は6窓しかない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

八窓席の関連キーワード最岳元良河野古亮南禅寺金地院金地南禅寺派つちゆ在中中淹大用全用大有有諸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone