コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八窓席 はっそうのせき

2件 の用語解説(八窓席の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

八窓席【はっそうのせき】

京都市南禅寺の塔頭金地院にある茶室。小堀遠州作といわれる三畳台目の席で,躙口(にじりぐち)は隣の小書院の縁側に開き,客は露地から縁側に上がり,茶室に入る。八窓の名があるが,窓は六つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はっそうのせき【八窓席】

京都南禅寺塔頭(たつちゆう)金地(こんち)院にある茶室。金地院崇伝(こんちいんすうでん)の依頼をうけた小堀遠州の指図で,1628年(寛永5)ころには完成していたことが《本光国師日記》の記事から推測される。内部は3畳台目。床と点前座が並んで配置され,これと向かい合って躙口(にじりぐち)が正面にあけられ,外に縁を付し,縁から躙口を入る形式がとられている。2方の壁面に大きい窓をとり,墨跡窓のほか,中柱袖壁にも下地(したじ)窓をあけているが,これらを合わせて窓は6窓しかない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone